軽自動車税種別割について

更新日:2020年04月21日

税率

原動機付自動車、小型特殊自動車、軽二輪、二輪の小型自動車の税率

税率の詳細

 車種

税率

原動機付自転車  
50cc以下

2,000円

50cc超90cc以下 

2,000円

90cc超125cc以下 

2,400円

ミニカー 

3,700円

小型特殊自動車   
農耕作業用 

2,400円

その他のもの 

5,900円

軽自動車   
二輪(125cc超250cc以下) 

3,600円

専ら雪上を走行するもの 

3,600円

二輪の小型自動車   
  250cc超

6,000円

三輪、四輪の税率

税率の詳細

税率【注意1】
(平成26年度以前) 

税率【注意1】
(平成27年度以降)

重課税率【注意2】
(平成28年度以降
) 

軽自動車      
三輪 

3,100円

3,900円

4,600円 

四輪乗用

(営業用)

5,500円

6,900円

8,200円

四輪乗用

(自家用)

7,200円

10,800円

12,900円

四輪貨物

(営業用)

3,000円

3,800円

4,500円

四輪貨物

(自家用)

4,000円

5,000円

6,000円

【注意1】
平成27年3月31日までに新規検査(車検証の初度検査年月)を受けている車両については、平成26年度以前の税率が適用されます。

平成27年4月1日以降に新規検査(車検証の初度検査年月)を受ける車両については、平成27年度以降の税率が適用されます。

【注意2】
環境負荷の低減を目的として、平成28年4月1日以後の賦課期日(毎年4月1日)現在に、新規検査を受けた年月から起算して13年を経過している車両の一部については、重課税率が適用されます。
ただし、電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車及び被けん引車については重課税率は適用されません。

初度検査年月とは?

初度検査年月とは、自動車検査証に記載されている最初に車両番号の指定を受けた年月のことです。所有されている車両の車検証でご確認ください。

(画像)自動車検査証

手続き

原動機付自転車・小型特殊自動車の取得、譲渡、廃棄、名義変更、定置場(住所等)の変更などの場合の申告(標識交付)は、税務課及び各地域局窓口で受け付けています。
軽自動車(二輪を除く)は軽自動車検査協会、軽二輪自動車と二輪の小型自動車は自動車検査登録事務所(運輸支局)での届けとなります。

納税証明書

継続検査において自動車検査証の返付を受けるときには、軽自動車税種別割を完納していることの証明が必要です。

  • 5月に送付する納税通知書により、金融機関等の窓口で納税し、領収印が押されれば納税証明書として使用できます(ただし、有効期限の記載があるものに限ります。)
  • 口座振替により納付された方には、6月中旬に市より納税証明書を送付します。
  • 継続検査用納税証明書は、税務課及び各地域局窓口で請求することもできます。証明手数料は無料です。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3164
ファックス番号:079-662-7491

メールフォームからお問い合わせをする