生後2週間児健康診査費助成事業

更新日:2022年03月18日

生後間もない時期は、赤ちゃんの体重増加や育児の方法など、心配なことが多くあることと思います。

また、お母さんの体調も変化しやすい時期であり、安心して育児ができるよう、赤ちゃんのことだけでなく、お母さん自身のことも相談できる機会として、生後2週間児健康診査を実施している病院があります。

市では、赤ちゃんの健やかな成長を確認するために、生後2週間児健康診査を受けられた方に診査費を助成します。

健診実施の有無については、医療機関にお問い合わせください。

対象者

養父市に住民票があり、生後1か月児健診を受けるまでの方

  • 令和4年4月1日以降にうけた健診が対象です。
  • 生後1か月児健診の助成はありません。
  • 産婦健診として、2週間・1か月健診を受けた場合は「産婦健康診査費助成制度」の対象です。(下記のリンク先参照)

助成額

生後2週間児健診にかかる費用を全額助成(保険診療分を除く)

受診及び助成の方法

生後2週間児健診を受診

病院の指定する日に受診し、母子健康手帳の「後期新生児期(生後1~4週)の経過」欄に、病院に健診記録の記載をご依頼ください

健診費用を病院窓口でお支払いください。

受診後の手続き

下記の「手続きに必要なもの」を持って、健康課で手続きをしてください。(注)地域局では手続きはできません)

後日、指定された個人の金融機関口座に助成金を振り込みます。

申請期間

受診した年度内、ただし3月に受診した場合は受診日から1か月以内

手続きに必要なもの

  • 養父市生後2週間児健康診査費助成金交付申請書兼請求書
  • 生後2週間児健診時の領収書、明細書
  • 母子健康手帳
  • 振込先の口座のわかるもの

この記事に関するお問い合わせ先

健康課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3167
ファックス番号:079-662-2601

フォームからお問い合わせをする