養父市結婚新生活スタートアップ事業

更新日:2022年04月01日

市では、少子化対策を推進するため、令和4年4月1日から新婚世帯の新居の住宅費、引越費用の補助を行います。

対象世帯

令和4年1月1日から令和5年3月31日までの間に婚姻届を提出し、受理された世帯

条件

次の1~7のいずれにも該当すること

  1. 養父市内に居住していること
  2. 対象となる住居が市内にあること
  3. 夫婦ともに婚姻日における年齢が39歳以下であること
  4. 令和3年中の夫婦の所得を合算した金額が400万円未満であること(奨学金の返済を行っている場合は控除可)
  5. 夫婦のいずれもが市税等を滞納していないこと
  6. 夫婦のいずれもが暴力団員でないこと
  7. 過去にこの制度に基づく補助を受けている人がいないこと

補助額

1世帯当たり上限30万円

対象となる経費

令和4年1月1日から令和5年3月31日までの新居にかかる経費

住居費

敷金、礼金、仲介手数料

引越費用

引越業者や運送業者に支払った費用

申請期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

この記事に関するお問い合わせ先

やぶぐらし・地方創生課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3172
ファックス番号:079-662-7491

フォームからお問い合わせをする