平成28年4月からのごみの出し方について(大型ごみは有料化へ)

更新日:2019年10月31日

養父市、朝来市が別々に行っている ごみ収集・運搬業務を、組織・人員・機材等の効率化を図る目的で広域化するため、平成27年7月に「南但地域ごみ収集・運搬業務広域化推進協議会」を設置し、協議を進めてきました。

平成28年3月1日、南但広域行政事務組議会の議決をいただきましたので、平成28年4月より養父市・朝来市の収集・運搬業務は広域化され、大型ごみの収集が有料化されるなど変更があります。 

大きな変更予定は3点あります。

  • 燃やすごみ用の指定ごみ袋
  • ごみの収集頻度
  • 大型ごみの収集方法

(1)燃やすごみ用の指定ごみ袋

4月から燃やすごみは、南但広域行政事務組合 指定(養父市・朝来市共通)のごみ袋に入れて出してください。

●指定ごみ袋は、今まで通り1枚当り

  • 大袋:60円(10枚入り600円)
  • 小袋:40円(10枚入り400円)

●材質は現在と同じ素材で、取って付き、マチなし
●4月以降、使い残しの袋も、引き続きご使用いただけます。

(2)ごみの収集頻度(危険ごみの品目に追加があります。)

品目別変更表
 品目 現在の収集回数  平成28年4月~ 
 不燃ごみ 1回/2か月 1回/1か月
 危険ごみ 1回/4か月 1回/1か月

収集品目(12品目)、収集場所(ステーション、拠点)の変更はありません。

 

不燃ごみの収集回数変更に伴い、「カセットボンベ」、「スプレー缶」、「石油ストーブ」、「石油ファンヒーター」は危険ごみに出し方の変更を行います。

分別とリサイクルの手引きも新しくなります。お間違いのないようお願いします。

(3)大型ごみの収集方法(大型ごみが有料になります。)

●大型ごみの排出量は世代、世帯ごとのばらつきが大きく、処理費用を一律に税金でまかなうことは公平でないため、公平性の確保の視点から排出量に応じて一定の負担を求めるものです。皆さまのご協力をお願いします。

指定シール(1枚300円)を販売店から購入いただき、品目ごとに必要な指定シールを貼付の上、地区のごみステーションに出してください。
品目、必要な指定シールの枚数は、新たな「家庭ごみの分別とリサイクルの手引き」(3月に全戸配布予定です。)で確認していただくことになりますが、大型ごみを出すときは指定シール(有料)が必要になります。 
●新たな取り組みとして、事前の電話予約による大型ごみの戸別収集を始めます。ただし、大型ごみの品目に応じた手数料と、別途、戸別収集手数料として、1点につき1,200円が必要になります。

参考

この記事に関するお問い合わせ先

環境推進課
〒667-0198
養父市広谷250-1
電話番号:079-664-2033
ファックス番号:079-664-1758

メールフォームからお問い合わせをする