養父市販路開拓事業補助金について【新型コロナウイルス感染症緊急経済対策】

更新日:2020年05月11日

新型コロナウイルス感染症の影響により、直近3か月の売上げが前年同期の売上げと比較して15%以上減少した事業者の取組については、補助率を2分の1から3分の2へ嵩上げします。

1 事業目的

養父市で持続的に安定した経営を図るため、販路の拡大等に取り組む市内の小規模事業者に対し、その経費の一部を補助することにより、本市の産業振興及び地域経済活性化を図ることを目的としています。

2 補助対象者

  • 市内に主たる事業所、店舗を有する方で、小規模事業者である方
  • 養父市企業支援センター又は金融機関の指導を受けた事業計画を持ち、持続的な安定経営が見込まれる方
  • 市税等の滞納がない方

        ※全ての条件を満たす方でなければ補助金の交付対象となりませんのでご注意ください。

3 補助対象業種

農業、鉱業、建設業、製造業、電気業(地域資源を活かし環境に配慮した事業に限る)、情報通信業、運輸業、郵便業、卸売業、小売業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業、娯楽業、教育・学習支援業及びその他サービス業

4 補助限度額及び補助対象経費

◆販路開拓に係る広報宣伝費・印刷製本費

補助限度額 10万円(補助対象経費の2分の1以内)

補助対象経費 HP作成・リニューアル費、サンプル商品製作費、広告掲載料、折込チラシ、パンフレット送料、パンフレット印刷費 等

※ただし、令和2年新型コロナウイルス感染症の影響により直近3か月の売上げが前年同期の売上げと比較して15%以上減少したことが確認できた方、セーフティネット保証4号又は危機関連保証による認定を受けた方は、補助対象経費合計額の3分の2以内の額を交付します。

 

◆新規取引先への物流費

補助限度額 20万円(補助対象経費の2分の1以内)

補助対象経費 新規取引先への輸送費 等 ※新規取引先とは過去3年以上にわたり取引のない事業者と新たに取引を行う場合をいいます。

※ただし、令和2年新型コロナウイルス感染症の影響により直近3か月の売上げが前年同期の売上げと比較して15%以上減少したことが確認できた方、セーフティネット保証4号又は危機関連保証による認定を受けた方は、補助対象経費合計額の3分の2以内の額を交付します。

 

5 申請から補助金交付までの流れ

下記の画像のとおりです。

6 募集期間

令和2年5月13日(水曜日)~予算額に達するまで

7 申請書等様式

※注意

補助対象事業費に消費税は含まないこととしております。

令和2年新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少を証明する事業者は「令和2年新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申出書(別紙3)及び、セーフティネット保証4号又は危機関連保証の認定書の写し」の提出が必要です。

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課
〒667-0198
養父市広谷250-1
電話番号:079-664-0285
ファックス番号:079-664-2528

メールフォームからお問い合わせをする