小さな農家活動応援事業補助金について

更新日:2020年04月13日

これまで、家庭菜園程度の小規模な農地で農業を始めたい場合でも、新たに就農する場合には一定面積の農地(養父市では10アール以上)の取得が必要でした。

養父市では、空き家に付属する農地をセットで取得する場合には、この要件を緩和し、農業委員会が認めた場合には、1アール未満の小さな農地でも取得できるようにするなど、農業を始めやすい環境を整えています。

このたび、空き家に付随する農地を空き家とセットで取得して農業を始めた人に対して、農機具代や資材費等の一部を補助することにより農ある暮らしを応援します。

対象

次の1~4のいずれにも該当する場合に対象となります。

1.市内に住所を有していること

2.市内にある空き家とその空き家に付随した市内の農地をセットで取得すること。

3.取得した農地で農業を行っていること。

4.過去にこの制度の補助金を受けていないこと。

※ 本事業は令和2年3月31日に終了しておりますが、令和元年度内に空き家を購入している場合、引き続き補助対象となる可能性がありますので、詳しくはやぶぐらし課までお問合せください。

補助金額

5アール未満 5万円

5アール以上 10万円

申請期間

農地を取得して1年以内

問い合わせ先

まずはご連絡ください。

養父市役所 市民生活部やぶぐらし課

TEL:079‐662-3172

Email:yabugurashi@city.yabu.lg.jp

この記事に関するお問い合わせ先

やぶぐらし課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3172
ファックス番号:079-662-7491

フォームからお問い合わせをする