宿泊業等経営維持臨時給付金(受付期限:11月30日)

更新日:2021年10月25日

受付期間を令和3年11月30日(火曜日)までに延長しました。

宿泊業等経営維持臨時給付金について

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い特に事業活動が縮小され、大きな影響を受けている市内の事業者に対し、経営の継続と再生を支援するため、宿泊業等経営維持臨時給付金(以下「臨時給付金」といいます。)を交付します。

臨時給付金の対象となる方

要件1

養父市内で「要件4」の事業を行う事業所(店舗)を置く中小法人及び個人事業主であること。

要件2

2021年3月31日以前から市内で「要件4」の事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業継続の意思があること。

要件3

第1期から第5期までの兵庫県の新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の支払いを受けておらず、今後も受けないこと。

支払いを受けた場合は、臨時給付金は返金いただきます。

要件4

次のいずれかの事業を行っていること。

宿泊業

旅館業法(昭和23年法律第138号)に基づく営業に必要な許可(旅館・ホテル営業又は簡易 宿所営業に限る。)を受け、又は住宅宿泊事業法(平成29年法律第65号)に基づく営業に必要な届出をして行う事業

飲食業

食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づく営業に必要な許可(飲食店営業又は喫茶店営業の許可に限る。)を受け、事業所内において飲食の提供をする設備を有して行う事業

旅行業

旅行業法(昭和27年法律第239号)に基づく営業に必要な登録を受けて行う事業

 

宿泊業において、特定の利用者のみが利用する施設(福利厚生施設など)は対象となりません。

飲食業で対象にならない事例(下記の1.~3.のいずれかの場合などは交付の対象となりません。)

  1. 事業所(店舗)内において飲食の提供ができる設備(机・椅子等)がない場合(飲食の提供ができる設備がないと判断する例(弁当店、惣菜店などの持ち帰り専門店、仕出し等の宅配サービス専門店、露店、キッチンカー、スーパーマーケットなど))
  2. 自動販売機のみの設置
  3. 特定の利用者のみが利用する施設 (例)病院・介護サービス事業所の食堂、社員食堂など

交付額

中小法人は最大60万円、個人事業主は最大30万円 を交付します。

要 件

交付額

法人

個人

2020年(令和2年)又は2019年(令和元年)の1日当たりの事業収入が100,000円まで

200,000円

100,000円

2020年(令和2年)又は2019年(令和元年)の1日当たりの事業収入が100,000円を超えて250,000円まで

400,000円

200,000円

2020年(令和2年)又は2019年(令和元年)の1日当たりの事業収入が250,000円を超える

600,000円

300,000円

  • 交付は、同一申請者に対して1回限りです。
  • 2020年または2019年の事業収入に応じて交付します。交付額を算定する事業収入は、対象事業(宿泊業、飲食業、旅行業)による事業者単位の事業収入の合計とします。 (事業収入には、国、県、市からの新型コロナウイルスに係る給付金等(持続化給付金、市応援定額給付金など)は含みません。)
  • 1日にあたりの事業収入は年間の事業収入÷ 365 で算出します。

臨時給付金の申請手順

1 臨時給付金の申請様式及び証拠書類等を用意

臨時給付金の申請に係る所定の様式並びに申請の手引きを、本ページからダウンロードしてください。

※所定の様式は、商工観光課等でも配布しますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、インターネットの環境がある方は、なるべく本ページからダウンロードに努めてください。

ダウンロードする様式及び手引き

      または養父市宿泊業等経営維持臨時給付金交付申請書兼請求書(PDFファイル:108.3KB)

申請の手引き(申請要領)をダウンロードし、交付資格や必要書類等をよくご確認の上で申請いただきますようお願いします。

ご準備いただく主な証拠書類

  • 確定申告書の控えの写し(複数年分の提出が必要な場合があります。)
  • 振込先口座の通帳の写し
  • 営業許可証等の写し
  • (個人事業主の方のみ)本人確認書の写し(運転免許証、個人番号カードの写しなど)
  • 対象施設の外観と内観の写真
書式参考例(提出が必要な場合の様式の参考例として活用ください)
(宿泊業、飲食業、旅行業)の事業収入申立に関して

         事業収入申立書(宿泊業、飲食業、旅行業)(Wordファイル:28.2KB)

         又は事業収入申立書(宿泊業、飲食業、旅行業)(PDFファイル:58.1KB)

       ※様式は問いませんが、申請者情報(住所、氏名等)は自署をお願いします。

(法人)2020年の事業収入のうち確定申告が終了していない期間の事業収入申立に関して

【法人】月別収入申立書(確定申告が終了していない期間)(Wordファイル:28.2KB)

又は【法人】月別収入申立書(確定申告が終了していない期間)(PDFファイル:61.6KB)

※様式は問いませんが、申請者情報(住所、氏名等)は自署をお願いします。

※原則として収入に関して税理士の確認(署名をお願いします)

 

多くの添付書類をお願いしておりますので、手引きを確認いただき、お間違えのないようにお願いします。

2 申請

受付期間

令和3年7月12日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで ※当日消印有効

※受付期間を令和3年11月30日(火曜日)まで延長しました。

申請受付期間を過ぎてからの申請は受付できませんので、ご注意願います。

申請方法

『臨時給付金交付申請書兼請求書』及び『証拠書類等』を、商工観光課に郵送またはご持参により提出してください。

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、郵送による申請にご協力ください。
  • 郵送にて申請される際には、簡易書留やレターパックなど郵便物の追跡ができる方法での提出をお願いします。

3 臨時給付金の交付

申請いただいた内容・証拠書類等の確認し、内容に不備がなければ、通常1ヶ月程度で、指定の口座に入金します。

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課
〒667-0198
養父市広谷250-1
電話番号:079-664-0285
ファックス番号:079-664-2528

フォームからお問い合わせをする