高校生通学費補助金交付制度について

更新日:2019年10月31日

養父市では高校生のバス通学に係る定期乗車券代の一部を補助してきました。このたび、公立高等学校の学区変更により通学範囲が広くなるため、平成27年4月よりバスに加え鉄道を利用した通学についても補助金交付制度の対象とします。この制度は、通学に係る定期乗車券代の一部を補助することにより、教育における経済負担の軽減を図ることを目的としています。対象者は養父市に居住し、バス及び鉄道を利用して高等学校に通学する生徒の保護者です。  

補助対象金額 定期券の購入額から1か月当たり15,000円を差し引いた額を補助します。
(バスと鉄道の両方を利用した場合は、定期券の購入額を合計します)
 例1  バスのみを利用して通学
3か月定期代 80,000円 の場合
80,000円-(15,000円×3か月)=35,000円
【補助金額 35,000円】    
例2 バスと鉄道の両方を利用して通学
バス定期:3か月定期代 50,000円
鉄道定期:3か月定期代 20,000円 の場合 (50,000円+20,000円)-(15,000円×3か月)=25,000円 【補助金額 25,000円】
  • 鉄道については、平成27年4月利用分から対象となります。詳細については、下記の交付制度の概要と様式をご覧ください。    

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育課
〒667-0198
養父市広谷250-1
電話番号:079-664-1627
ファックス番号:079-664-1147

フォームからお問い合わせをする