海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

更新日:2021年07月26日

海外の渡航先への入国時に、相手国が防疫措置(隔離措置・PCR検査等)の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナワクチン感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。

接種証明書は、海外渡航の予定があり、その際に必要な方へ交付するものです。

それ以外の方のワクチン接種の証明は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

入国時等において接種証明書が利用可能な国については、下記のリンクでご確認ください

証明書交付までの流れ

  1. 申請者は、窓口または郵便で申請書等を提出します。
  2. 市は、ワクチン接種の事実について、ワクチン接種に係る記録システムを使用して確認します。
  3.  市は事実が確認できたら、郵便で証明書を交付します。

申請受理から、証明書交付まで1週間程度かかります。

交付対象者

以下の条件のいずれにも当てはまる方

  1. 予防接種法に基づく新型コロナワクチン接種を受けた時に、本市に住民票があった方
  2. 海外渡航の予定がある方

申請方法

次の必要書類を本庁健康課窓口に持参して申請してください。郵便での申請も可能です。

(1)申請書

申請書(Excelファイル:12.9KB)

申請書(PDFファイル:52KB)

注:代理人が窓口で申請する場合は、証明書を必要とする方の委任状と代理人の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)が別途必要です。

接種証明書の委任状(Excelファイル:12.4KB)

接種証明書の委任状(PDFファイル:38.3KB)

(2)海外渡航時に有効なパスポート

パスポートに旧姓、別性、別名で記載されている場合は、旧姓・別性・別名が確認できる書類(例えば、旧姓併記された運転免許証、戸籍、住民票の写し)が必要

(3)本市が発行した接種券

接種後「予診のみ」のシールだけになった券でも可

(4)接種した事実が確認できるもの

接種済証、接種記録書、予診票の写し(本人控え)等

(5)返信用封筒

氏名、返信先住所を記載し、切手を貼付けしたもの

後日、証明書を直接窓口で受け取る場合は不要です。受け取りの際は、本人確認書類を持参(代理人が受け取る場合は、委任状と代理人の本人確認書類を持参)してください。

  • 郵便での申請の場合、(2)(顔写真・旅券番号記載のページ)(3)(4)は写しを提出してください。
  • 返信用封筒に貼り付ける切手は、郵便局の手紙の基本料金に基づき貼ってください。(定形・普通郵便の場合、84円切手)速達郵便を希望する場合は、返信用封筒の右上部(郵便番号より上、封筒の端)に赤で太い横線を表示し、速達料金の切手(通常料金+290円)を貼ってください。

申請先

健康課(市役所本庁舎 1階 窓口3) 電話079-662-3167

受付時間

平日午前8時30分から午後5時15分まで

郵送受付先

〒667-8651 兵庫県養父市八鹿町八鹿1675

養父市健康課 ワクチン接種証明書担当 宛

受付開始時期

7月26日(月曜日)から

関連サイト

問い合わせ

接種証明書の意義など制度全般

新型コロナワクチンコールセンター 電話0120-761-770

ワクチン接種証明書の交付申請手続き

健康課 電話079-662-3167

この記事に関するお問い合わせ先

健康課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3167
ファックス番号:079-662-2601

フォームからお問い合わせをする