新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ45(令和3年3月5日更新)

更新日:2021年03月05日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年3月5日収録)(動画)

 

2月12日、新型コロナワクチンを乗せた第1便が日本に到着し、17日よりおよそ4万人の医療従事者に対する先行接種が行われております。

続いて、全国約470万人の医療従事者に優先接種が行われる予定です。

65歳以上の高齢者を対象とした優先接種につきましては、先日コロナワクチン接種担当の河野規制改革担当大臣が、4月12日より開始すると発表しました。

さらに、ファイザー社と交渉の結果、6月末までに高齢者全員が2回接種できる分のワクチンを自治体に供給できるとの見通しを示し、実際に養父市にワクチンが供給されるのは、4月26日以降となる見通しが立ちました。

ワクチンの供給に関しては、いくつかの不確定要素があり、今後予定の変更もあるかと思われますが、どうかご理解をお願い致します。

 

養父市では、ワクチン供給の見通しを受け、3月5日現在、次のような計画で、接種を進めて行きたいと考えております。

5月10日から、65歳以上の高齢者を対象として、かかりつけ医療機関で「個別接種」を開始します。

少し遅れて5月23日からは、かかりつけ医のない方たちを対象に、八鹿文化会館で「集団接種」を始める予定としております。

65歳以上の高齢者の方へは、4月初めには「接種券」をお手元に届けられるよう準備を進めております。

「接種券」が届きましたら、かかりつけ医のある方は、「個別接種」としてかかりつけ医療機関に予約を入れていただきます。

かかりつけ医のない方は、「集団接種」で受けていただくことになりますので、市のコールセンターに電話をかけていただきます。

そして、予約済の医療機関や会場に出向き、接種を受けていただくことになります。

ワクチン接種は、3週間の間隔をあけ、2回必要です。

それに先立ちまして、集団接種の予約受付や、新型コロナウイルスワクチン接種についての市民の方からの問い合わせに対応するため「コールセンター」を開設いたします。

3月17日(水曜日)には、開所式を行い、3月22日(月曜日)から稼働する予定としております。

 

養父市では、新型コロナワクチンの予防接種が決定した昨年秋より、養父市医師会、公立八鹿病院、但馬病院等市内15機関の医師、看護師、事務員の皆さんと市役所職員の総勢50名以上のメンバーで、新型コロナウイルスワクチン予防接種実施に関する打ち合わせ会を重ねてまいりました。

様々な角度からの協議、検討を重ね、医療機関の皆様方のご理解ご協力のもと、ワクチン接種の実施にかかる体制を整えることが出来ました。

 

3月3日には、会場となる八鹿文化会館で、医師3名と医療機関スタッフの他、市役所職員約100名の参加により、集団接種シミュレーションを行いました。

ワクチン接種が安全に、効率よく実施できるよう実践的に検証し、課題を解決したうえで実践にあたる予定としております。

 

現在、養父市では、新型コロナウイルスワクチン接種について、最善を尽くして準備を整えております。

ワクチン接種は、最終的には個人の判断で行われるものですから、市としてはその効果や、副反応に関しても、常に正しい情報を提供し、市民の皆さんに正しい知識を持ったうえで判断していただけるよう、広報活動にも努力してまいります。

そしてワクチンの入荷があり次第、一刻も早くワクチン接種が実施できるよう、今後も全力で取り組んでまいりますので、どうかよろしくお願い致します。

 

    令和3年3月5日                                         

新型コロナウイルス感染症対策本部長   
養父市長 広瀬 栄 

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3168
ファックス番号:079-662-7491