新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ20(令和2年6月5日更新)

更新日:2020年06月05日

 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和2年6月5日収録)(動画)

 

【市長メッセージ英語字幕対応版】Message from the Mayor of Yabu city Regarding COVID-19(Recorded on June 5,2020) videos on YouTube

To display English subtitles, please go to settings on the YouTube video and select English subtitles. 

(英語字幕を表示させるには、YouTubeの設定から英語字幕を選択してください。)

 

   全国的に5月25日に緊急事態宣言が解除され、市の考える県内の安全基準が経過観察期間を経て26日に満たされたことにより、5月27日に「養父市非常事態宣言」を解除しました。

   自粛や制限が緩和されつつありますが、ワクチンや治療薬はまだ開発されておらずウイルスの脅威が完全に無くなったわけではありません。私たち自身の感染症予防への気が緩めば集団感染(クラスター)が発生する危険性を十分に秘めています。

   東京都は緊急事態宣言解除後における新規感染者増大により、独自の「東京アラート」を出し感染拡大防止に努めています。

   今後、第2波・第3波の発生も危惧され対策が長期化することも考えられますが、感染防止への意識と緊張感、危機感を常に持ちながらこれから先も市民の皆さんとともにこの難局を乗り越えていきたいと思います。

   

   新しい感染症の発生により人々の生活のありようが問われています。新しい生活様式が生まれようとしています。生活は「衣・食・住」、「教育・文化、生産・経済、医療・福祉」等々全ての分野にわたります。その全てで新しい取り組みが必要となってきます。予期しないことが起きてもしなやかに適切な対応ができ、豊かで安心して住むことができるようまちづくりを行うことが必要です。

   そのためには未来を見越したまちづくり施策の展開とそのまちづくりを担う子どもたちの教育と健全育成を行わなくてはなりません。全身全霊を傾け全力で養父市が活力を持って、未来へ発展できるまちになるよう取り組みます。

 

   子どもたちはもとより、保護者や市民のみなさんにはご不便をおかけすることが多々ありますが、引き続きご理解とご協力をいただきますようお願いします。
 


 

令和2年6月5日                                           

新型コロナウイルス感染症対策本部長   
養父市長 広瀬 栄

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3168
ファックス番号:079-662-7491