新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ11(令和2年4月21日更新)

更新日:2020年04月21日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和2年4月21日収録)(動画)

 

【市長メッセージ英語字幕対応版】Message from the Mayor of Yabu city Regarding COVID-19(Recorded on April 21,2020) videos on YouTube

To display English subtitles, please go to settings on the YouTube video and select English subtitles. 

(英語字幕を表示させるには、YouTubeの設定から英語字幕を選択してください。)

 

  新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について、市民の皆様に3つの点をお願いいたします。

 

1.医療機関での受診について

  まず1点目に、発熱等があり感染を心配している方に、医療機関への受診の仕方についてお願いいたします。

  医療機関で新型コロナウイルスの感染を拡大させることは、絶対に防がなくてはなりません。市内の医療提供体制を守るため、改めて2つのお願いをいたします。

  発熱や風邪症状で医療機関を受診したい場合は、まず、電話してください。受診しようとする医療機関に電話をし、その指示に従ってください。窓口に直接行くことを避けてください。

  次に、医療機関を受診される際は、マスクの着用をお願いします。

  医療に従事していただいている皆様には、感染拡大への備えとあわせて、通常の医療もしっかり提供できるよう頑張っていただいております。市民の皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

 

2.正確な情報を

  2点目に、風評やデマにまどわされないようにしてください。最近、朝来健康福祉事務所管内で、新型コロナウイルスの感染者が出たというような悪い噂が流れていますが、決してそのようなことはありません。疑心暗鬼は更なる不安を生みます。但馬、養父市では、感染者は発見されていません。ご安心ください。最新情報は、兵庫県のホームページでご確認ください。

 

3.養父市役所の勤務体制について

  3点目に、養父市役所の勤務体制につきまして、市民の皆さまにお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる取組として、国・県では出勤者の7割削減を求めております。

  市では、市役所業務を継続しつつ、国が示す方針に少しでも近づける必要があることから、感染拡大防止対策として、職員の接触時間、接触空間を分散させ、職場での感染リスクを下げるため、4月20日から、取組を実施しております。

  まず、シフト制による時差出勤です。職員の勤務時間は、通常、午前8時30分から午後5時15分までですが、午前7時30分から午後4時15分までの早出勤務と午前10時30分から午後7時15分までの遅出勤務を設け、職員間の接触を減らします。

  次に、事務室以外での分散勤務です。職員がフロアで多く勤務している状況の解消を図るため、本庁舎や養父庁舎の会議室や公民館などの部屋を活用し、職員の分散勤務を行います。

  さらに、土日出勤です。平日勤務を土曜日、日曜日の出勤に振り替え、事務室での接触を減らすこととします。

  これらの対策により、接触機会の軽減を図ることで、通常時と比較し、接触率50%減を目指します。

  このため、職員が平常時より少なくなっている部署がございます。市民の皆さまにご不便をお掛けする場合があるかもしれませんが、感染拡大防止のため、何とぞご理解とご協力をお願いいたします。

  安心安全な養父市を守るため、全員で心を一つに、一致団結し、ともにこの危機を乗り越えてまいりましょう。

 

 

令和2年4月21日                                           

新型コロナウイルス感染症対策本部長   
養父市長 広瀬 栄

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3168
ファックス番号:079-662-7491