CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

国家戦略特区を活用した薬剤師による遠隔服薬指導がスタートします!

国家戦略特区を活用した薬剤師による遠隔服薬指導がスタートします!
 第35回国家戦略特区諮問会議(平成30年6月14日)において認定された「テレビ電話を活用した薬剤師による服薬指導の対面原則の特例」について、下記の薬局開設者が登録されました。養父市内では、初の遠隔服薬指導事業の登録薬局となります。
 この事業は、三井物産株式会社とともに、平成27年2月に内閣府へ「近未来技術実証特区におけるプロジェクト」として、中山間地における遠隔医療に関する共同提案を行い、以来、実現に向けて準備を進めてきたものです。
 この登録により、既に全国で認められている「医療機関による遠隔診療」に、登録薬局の「薬剤師による遠隔服薬指導」が加わり、治療から服薬までのプロセスを遠隔で行うことが可能となります。これらを活用することで、医療機会の確保、慢性疾病患者等の通院負担の軽減、治療の継続、適切な服薬管理による重症化の防止などが期待されます。
 10月25日に行われた記者発表では、三井物産株式会社が提供(開発者:株式会社ミナカラ)するシステムのデモが行われました。

                    記

登録薬局の概要
(1)薬局の名称及び所在地
 阪神調剤薬局八鹿店
 兵庫県養父市八鹿町八鹿1834番地3
(2)薬局開設者の名称(その代表者の氏名)及び住所
 株式会社阪神調剤薬局(代表取締役 岩崎壽毅)
 兵庫県芦屋市大桝町1-18
(3)登録年月日
 平成30年10月25日


 〇共同記者発表の様子(養父市、三井物産株式会社、株式会社ミナカラ)
共同記者発表の様子

システムデモの様子