非自発的失業者に対する国民健康保険税の軽減について

更新日:2020年05月18日

平成21年3月31日以降に倒産や解雇などで非自発的な離職を余儀なくされた65歳未満の失業者について、国民健康保険税の所得割算定の際に用いる前年所得のうち、給与所得を30/100として計算します。

軽減期間

離職の翌日の属する年度から翌年度末までです。
制度が始まる前の1年以内(平成21年3月31日以降)に離職された方は、平成22年度に限り国民健康保険税が軽減されます。
※ ただし、平成21年度の保険税は対象となりません。ご了承ください。 国民健康保険に加入している間は、途中で就職しても引き続き対象となりますが、会社の健康保険に加入するなど国民健康保険を脱退した場合は軽減を終了します。

対象となる方

平成21年3月31日以降に離職された65歳未満の方で、『雇用保険受給資格者証』の離職年月日理由欄に記載されている離職理由コードが、
11.12.21.22.31.32
の「特定受給資格者」と
23.33.34
の「特定理由離職者」に該当される方が軽減の対象となります。

申請方法

職業安定所から交付される『雇用保険受給資格者証』と印鑑をご持参の上、養父市役所保険医療課または各地域局まで届け出てください。
※必ず雇用保険受給資格者証が交付されてから届出をしてください。離職票での受付はできません。

申請様式

この記事に関するお問い合わせ先

保険医療課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3165
ファックス番号:079-662-2601

フォームからお問い合わせをする