新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ62(令和4年1月15日更新)

更新日:2022年01月15日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年1月14日収録)

 

 

はじめに

年末年始には多くの雪が降り、気温の低い日が続いています。

市民の皆さんには、除雪による疲れで体調を崩したり、風邪などにかからないよう体調管理を十分に行い、寒い冬を乗り切っていただきたいと思います。

 

新型コロナウイルス感染者・濃厚接触者支援ホットライン

但馬管内でも新型コロナウイルスの感染者が増加しています。

コロナ禍において自らが感染者や濃厚接触者などになった場合、外出を制限され、場合によっては孤立状態となるなど、不安で不便な生活を余儀なくされることになります。

養父市では、そういった人に対し、買い物支援や困りごとの相談などを受ける「新型コロナウイルス感染者・濃厚接触者支援ホットライン」を開設し、電話での受付を行っています。

相談者の個人情報など、知りえた情報の保護を厳守しながら、専属の職員が療養や生活の困りごとなどについて相談を受けたり、買い物などの生活支援を行いますので安心してご活用下さい。

 

ワクチン接種

次に、ワクチン接種についてです。

1月14日現在で2回目の接種を終えた人は接種対象者のおよそ90%となる18,500人で、希望されるほとんどの皆さんが接種を終えている状況です。

また、3回目のワクチン接種は、現在、医療従事者等への接種を進めており、65歳以上の皆さんには2月から接種を進めます。

1月11日から、対象となる皆さんへ、順次接種券を発送しています。接種を希望する人は接種券が届いたら、集団接種についてはLINEで予約するか養父市コールセンターに電話にて申し込んでください。また、個別接種については、かかりつけ医など各医療機関に直接電話で申し込んでください。

 

終わりに

現在、新型コロナウイルス感染拡大は第6波を迎えています。更なる変異で感染力が強くなったコロナウイルスは、人口の多い都市部から但馬地域を含む全国各地へ感染が拡大しています。

市民の皆さん、一人一人が、マスク着用、手指消毒、三密を避けるなど、日常における感染予防対策の基本を大切にし、感染しないようこれまで以上に心掛けてください。

私たちは、これまでの経験から感染を防ぐ知恵を得ることができました。また、どうすれば安全に生活できるかについても学びました。油断することなく緊張感を持って生活すれば、日々安全に生活することができます。

引き続き、皆さんのたゆまぬ努力とご理解、そして、ご協力をよろしくお願いします。

 

令和4年1月15日                                         

新型コロナウイルス感染症対策本部長   
養父市長 広瀬 栄 

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3168
ファックス番号:079-662-7491