新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ58(令和3年7月22日更新)

更新日:2021年07月22日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年721日収録)

 

長い梅雨が明け、毎日、暑い日が続いています。

市民の皆さんは、熱中症にかからないように気をつけ、体調管理を十分に行い、暑い夏を乗り切ってください。

感染症対策のため、マスクを着用していると熱中症になる危険性があります。マスク着用時は、負担の大きい作業や運動を控えてください。

普段の生活でも、人と人との間隔をとって、適宜マスクを外して休憩を取るようにしてください。また、作業や運動の前に水分補給を行っていただくとともに、のどの渇きを覚える前に、こまめに水分補給を行ってください。

熱中症予防のために、エアコンの活用は有効です。窓とドアなど、2ヵ所以上を開け、こまめに換気を行いながらエアコンを活用してください。体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養し、「熱中症予防」と「新しい生活様式」を両立させてください。

 

ここで市民の皆さんに、嬉しいニュースをご報告します。

既に新聞やケーブルテレビなどではお知らせをしていますが、地域の皆さんの長年の念願であった主要地方道関宮小代線、吉井バイパスが7月21日に開通しました。

バイパスの距離は、2.1キロメートルで、これまで吉井、中瀬区内の狭隘な道路で大型バスなどのすれ違いが大きな課題でした。この吉井バイパスの開通で、集落内の歩行者と走行車両の安全で快適な歩行や走行が確保できるようになりました。

用地提供をいただいた地元の皆さんを始め、関係された方に心から感謝を申し上げます。皆さんも機会がありましたら、一度、できあがったばかりの真新しい吉井バイパスを現地でご確認いただけたらと思います。

 

7月21日から市内小中学校等が夏休みに入りました。

夏休みは、8月24日までの35日間です。この期間は、オリンピック・パラリンピックの開催、勤め先での夏季休暇やお盆休みなど、期待や楽しさに溢れたイベント等が目白押しで、人の動きが活発になることが予想されますが、依然として、東京都を中心とした大都市では、感染力の強くなった変異したコロナウイルスによる新規感染者数が増加傾向にあります。

夏休み中の感染拡大を防ぐため、マスクの着用など基本的な感染防止対策に加え、特に次の点に気をつけてください。

まず、この時期の都道府県を越えた移動は出来るだけ避けてください。

ただし、どうしても必要な場合は、小規模分散型での移動をお願いします。

また、既に2回のワクチン接種を受けているふるさとの両親や家族、友人等と会う場合においても、2週間ほど前からご自身の体調管理や感染予防を徹底した上で会ってください。

この時期には、普段会わない人などとの大人数・長時間の飲食は控えてください。

外食する場合には、感染予防対策が行われている飲食店を選んでください。

更に、自宅での大人数での食事会や友人等との路上飲みも厳に慎んでください。

オリンピック・パラリンピックにつきましては、家族など日常の生活を一緒に行っている人と自宅のテレビで応援しましょう。

 

さて、コロナ禍において、自らが感染者や濃厚接触者等になった場合、外出も制限され、場合によっては孤立状態となるなど、不安で不便な生活を余儀なくされます。

市は、そういった人々に対し、買い物支援や困りごとの相談などを受ける「新型コロナウイルス感染者・濃厚接触者支援ホットライン」を7月30日ら開設し、電話受付を開始します。

相談者の個人情報など知りえた情報の保護を厳守しながら、専属の職員が療養や生活の困りごとなどについてお聞きしますので、安心してご活用下さい。

 

次に、ワクチンの接種状況についてです。

7月20日現在で、1回目の接種を終えた人は10715人、2回目の接種も終えた人は6487人で、その内2回目の接種が終了した高齢者の接種率は、約70%と順調に進んでいる状況です。

また、ワクチンの接種券を未だ発送していない、23歳から39歳の皆さんには、お待たせしましたが、7月28日に接種券を発送します。

接種を希望される人は、接種券が届いたら、集団接種は、LINEか市役所コールセンターに電話にてお申し込みください。また、個別接種は、各医療機関に直接電話でお申し込みください。

 

私たち人類は、これまで経験したことのない未知の感染症と今、闘っています。

ワクチン接種が順調に進み、安心が広がりつつあることを感じていますが、更なる変異により感染力が強くなったコロナウイルスにより人口の多い都市部での新たなる感染拡大が心配な状況です。

夏休みで人の流れが増加するこの時期、地方にとっても今が、まさに正念場といえます。

市民の皆さん、お一人お一人が、マスク着用、手指消毒、三密を避ける、不要不急の外出を行わない、都市部との往来を自粛する等、日常における感染予防対策の基本を大切にし、感染しないようにこれまで以上に心掛けてください。

一刻も早くこれまでの生活を取り戻すため、今しばらく、皆さんの弛まぬ努力とご理解、そして、ご協力をよろしくお願いします。

 

    令和3年7月22日                                         

新型コロナウイルス感染症対策本部長   
養父市長 広瀬 栄 

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3168
ファックス番号:079-662-7491