新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ57(令和3年7月10日更新)

更新日:2021年07月10日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年7月9日収録)

 

近年、恒例のごとく梅雨末期の豪雨による土砂災害等が全国各地で発生しています。

熱海での大規模土石流発生の生々しい映像は、多くの人々に衝撃を与えました。この豪雨災害で被災されました方々に心よりお見舞いとお悔みを申し上げます。

養父市でも豪雨により、洪水や土砂災害の警報が出されています。

市では、市民の大切な命を守るため、降雨の状況や河川水位の状況、今後の気象情報などにより、早め早めに「高齢者等避難」や「避難指示」などの避難情報を発令します。先般の豪雨においても、「レベル3高齢者等避難」やピンポイントでの「レベル4避難指示」を発令しました。区長の皆さん、区の役員の皆さん、福祉避難所、学校関係者の皆さんにおかれましては、積極的に避難の受入れを行っていただき、心から感謝申し上げます。一番大切なものは、尊い命です。

災害時には、早め早めに危険な場所から安全な場所に避難していただきますようよろしくお願いします。

市民の皆さんにおかれましては、市役所が発令する避難情報に十分気を付けていただくとともに、状況に応じて早め早めの避難行動に心がけていただきますようお願いします。

 

さて、7月9日現在、朝来健康福祉事務所管内の新型コロナウイルスの感染状況は、6月18日から感染者が確認されておらず、落ち着いている状況となっています。しかしながら、感染力の強いデルタ株などの増加を要因に、更なる感染拡大が懸念されています。市民の皆さんにおかれましては、引き続き、感染対策の徹底をよろしくお願いします。

コロナ禍において、感染者や濃厚接触者等になると、外出も制限され、場合によっては孤立状態となるなど、不安で不便な生活を余儀なくされます。

市は、そういった方々に対し、買い物支援や困りごとの相談などを受ける体制を整え、対象となる方へは、県を通じて制度の周知を図ってきました。

これまでは、個人情報保護の観点から、市は対象となる方々を直接知る手立てがなく、感染者や濃厚接触者の方と直接連絡もとれず、歯がゆい思いをしていました。この解決の方法として、今回、直接当事者が市に相談できる専用電話窓口「新型コロナウイルス感染者・濃厚接触者支援ホットライン」を設置することとしました。もちろん相談者の個人情報や知りえた情報の保護を厳守しながら、専属の職員が療養や生活の困りごとなどについてお聞きします。

7月下旬には、専用ダイヤルを設置し、皆さんにお知らせしますので、安心して相談して下さい。

 

次に、6月定例議会でも問題提起をされました「生理の貧困」についてです。

コロナ禍により、仕事や収入が減り、厳しい生活を余技なくされている方々へのきめ細やかで丁寧な対応、特に女性への対応が必要であると考えています。

これにつきましても、女性にかかわる分野横断的な情報の提供や、個別の相談に応じるため、専属的な「女性のための相談室」を7月16日よりスタートします。

女性相談員が、さまざまな不安や悩みをかかえている女性の相談をお受けしますので、ご活用下さい。

 

次に、ワクチン接種についてです。

7月7日現在で、1回目の接種を終えられている方は、8686人、2回目の接種も終えられている方は、4741人で、その内2回目が終了した高齢者の接種率は、54パーセントと順調に進んでいる状況です。

現在、60歳以上の皆さん、基礎疾患をお持ちの方、また高齢者施設等やこども園、小中学校等の職員の皆さんへ順次接種を行っています。また、国や県が設置する大規模接種会場で接種を希望される方に対しても接種券を発送しています。

7月8日には、40歳から59歳の方と中学生から22歳の方へ接種券を発送しました。中学生から22歳の方への先行発送につきましては、夏休み期間中のワクチン接種や受験を控えた学生、また、成人式への参加や都市部在住の大学生等が大規模接種会場で接種が可能となる事などを踏まえ、今回先行発送を行いました。

残る23歳から39歳の皆さんには、今月下旬に接種券を発送する予定で準備をしていますので、もうしばらくお待ちください。

すでに報道にあるように、養父市においても、8月以降のワクチン供給量が少なくなると見込んでおり、当初の計画より少しペースダウンすることとなりますが、引き続き、養父市医師会、公立八鹿病院等の関係者のご協力を得ながら、希望される市民の皆さんが少しでも早く安心してワクチンを接種していただけるよう、努めてまいりますので、今後も皆さんのご理解とご協力をお願いします。

ワクチンにつきましては、様々な理由で接種されない方もおられます。コロナウイルス感染者や濃厚接触者に対しても同様ですが、そういった方々に対し、偏見による誹謗、中傷や差別的な発言は決してしないでください。うわさや不正確な情報などで、心無い言動をしたり、SNSなどで人を責めたりすることのないようお願いします。

私たち一人ひとりが互いの立場に立ち、相手を尊重するとともに、思いやりの優しい気持ちを持ちながら、同調圧力に屈することなく、この不安と困難をともに乗り越えてまいりましょう。

 

最後に、お願いです。

7月18日は兵庫県知事選挙の投票日です。兵庫県の未来を託す大切な選挙です。私たちに与えられた貴重な一票を忘れずに投票しましょう。

投票日に、仕事などで投票ができない人は、7月17日まで期日前投票を行うことができます。積極的にご利用いただきますようお願いします。

市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 

    令和3年7月10日                                         

新型コロナウイルス感染症対策本部長   
養父市長 広瀬 栄 

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3168
ファックス番号:079-662-7491