新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ51(令和3年4月24日更新)

更新日:2021年04月24日

 

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年4月24日収録)(動画)

 

 

この1年間余り、新型コロナウイルス感染症で、感染された多くの皆さんにお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方に、心よりお悔やみを申し上げます。

また、新型コロナウイルス対策に従事していただいております、但馬地域のすべての医療施設、医療関係の皆さん、介護施設、福祉施設、各企業の皆さん、そしてすべての市民の皆さんへ、感染拡大防止対策へのご理解とご協力に心から敬意と感謝を申し上げます。

変異型コロナウイルスの出現も相まって、全国的に一日の感染者数が急激に増大しています。

国は、4月5日に兵庫県など3府県に「まん延防止等重点措置」を適用しましたが、2週間以上経過しても、一向に新規感染者の拡大が止まりません。県内の医療機関における病床使用率は、増加の一途をたどり、地域医療体制は危機的状況に陥っています。

このような状況の中、兵庫県は、国に対し3度目の「緊急事態宣言」の発出を要請し、国は4月25日(日曜日)から5月11日(火曜日)までの間、兵庫県を含む4都府県に「緊急事態宣言」を発出しました。

「まん延防止等重点措置」では感染拡大を食い止めることができなかった結果の「緊急事態宣言」です。

事態は深刻です。但馬地域は、阪神地域などに比べ、感染者が多いとは言えませんが、この緊急時に感染予防の手を緩めれば、必ず感染は拡大し、感染者は増加します。但馬地域で、いま以上、感染者が増加すれば、医療崩壊は現実のものとなります。

医療崩壊は、通常の医療を受けられなくなるばかりでなく、助けられる命も助けることができなくなることを意味します。我々は、なんとしても医療崩壊を阻止しなくてはなりません。

私たち養父市民は、この現実を重く受け止め、私たち一人ひとりが初心に返り、強い意識をもって、あらゆる感染防止対策を講じて、感染拡大に歯止めをかけなければなりません。

そこで、私から養父市に関わるすべての皆さんにお願いです。

まずは、ゴールデンウィークを迎え、なんとしてもこれ以上の感染拡大を阻止するため、人の移動を抑えなくてはなりません。

不要不急の外出をこれまで以上に自粛してください。生活するための買い物をやめてくださいとは言いません。買い物の回数を減らし、少人数で短時間の買い物としてください。

特に、感染拡大地域を含め、市外からの往来を出来るだけ自粛してください。

故郷への帰省は、ゴールデンウィークの大切な行事で、心待ちにしていた楽しみであることはよく理解しています。しかし、今は、感染予防と感染拡大防止のため、帰省は控えていただきたいと思います。

高齢者の多い養父市では、高齢者が感染すれば、重篤化する可能性が高く、場合によっては死に至ることもあります。変異株が猛威を振るい、従来のウイルスに比べて、ほかの人に感染させる期間が長いことも指摘されています。また、従来型よりも長期間の療養が必要であるとも言われています。そして、無症状の感染者も多く見られます。

帰省を考えている皆さんは、もしかしたら自分が感染者かもしれない、帰省することで、大切なふるさとの家族や地域の皆さんに感染させてしまうかもしれないことを理解していただき、迎える側も含め、今回のゴールデンウィークは、帰省を控えるという理性ある判断をお願いします。

若い方は、感染しても重症化する確率が低いことも、感染拡大を助長している一つの原因となっています。若者の皆さんがリスクの高い行動を控え、感染しない努力をすることが感染拡大を食い止める要因の一つになるとも考えます。

また、家庭内での感染拡大も問題視されています。家庭に帰宅後の手洗いや手指の消毒、換気の実施、ドアノブなど共有部分のこまめな消毒の徹底でウイルスを家庭に持ち込まない対策をお願いします。

今回が3度目の「緊急事態宣言」です。今一度、事態を重く受け止めていただき、養父市に関わるすべての皆さんが、安心して生活できる日まで、感染拡大防止対策に取り組んでいただきますようご理解とご協力をお願いします。

また、今は、新型コロナウイルスは誰が感染してもおかしくない状況です。何時、当事者になるかも分かりません。感染者やその家族を温かく見守ることが大切です。

うわさに惑わされることなく、決して、陰口や誹謗、中傷を言うことがあってはなりません。

人権と優しさを忘れないようにし、一人ひとりが安心して住むことができる、居心地の良いまちづくりを目指しましょう。

なお、ワクチン接種についても、ワクチン確保と早期接種完了に向けて最大限努力をしていますのでよろしくお願いします。

共に、一緒になりながら、この難局を乗り超えましょう。

よろしくお願いします。

 

    令和3年4月24日                                         

新型コロナウイルス感染症対策本部長   
養父市長 広瀬 栄 

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-662-3168
ファックス番号:079-662-7491