政治倫理審査会報告書について(平成29年10月23日)

更新日:2019年10月31日

    平成29年10月23日、第3回政治倫理審査会を開催し、報告書の内容を協議したのち、議長あてに報告書が提出されました。

    審査会審査結果報告書の内容は、次のとおりです。

審査会審査結果報告書

平成29年10月23日

 

養父市議会議長    深    澤            巧 様

 

養父市議会政治倫理審査会 委員長    西    田    雄    一

 

 

 

審査会審査結果報告書

    平成29年9月26日、本審査会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、養父市議会議員の政治倫理要綱(PDF:98KB)第11条の規定により報告します。 

 

1 審査年月日

平成29年9月26日(火曜日)、10月6日(金曜日)、10月23日(月曜日)

 

2 審査の経緯

    政治倫理要綱第6条の規定に基づき設置された本審査会において、田村和也議員が全員協議会の録音データを外部に提供した件と、入札に関わる市内業者と市の協議の場に同席した件の2件について、政治倫理基準に抵触するかどうかについて審査をした。

    主な内容は、

1 田村議員に対する事実関係の聴取について

    審査は、慎重を期すため、審査会から田村和也議員に対し事前に文書質問を行い、その回答について事実関係を審査するとともに、当該議員の釈明の機会を保障した。

2 当局に対する事実関係の聴取について

    入札に関わる市内業者と市の協議の場に議員が同席した件については、市当局の当事者である西田副市長と藤本企画総務部長に対し事前に文書質問を行うとともに、審査会へ出席を求め、事実関係を審査した。

3 審査報告書添付資料

4 審査の内容

(1)田村議員に対する事実関係の聴取について

    全員協議会の録音データを無断で外部に提供した件については、そもそも平成29年8月7日の全員協議会で、当該議員が自ら、「録音データは、一般質問の資料に使用したいと議会事務局に求めたものである」と発言したことから始まっている。

    しかし、審査会からの文書質問の回答は一転して「議会事務局から私に対し、目的を問わず提供されたもの」と異なった説明がなされた。

    その他、審査委員の質疑に対しての当該議員の答弁が二転、三転することがあった。

    また、審査会において「行き過ぎた行為を反省し謝罪する」としながらも、「データ等の使用に関する規則は存在せず、政治倫理要綱には抵触していない」との自らの見解を示している。

    また、入札に関わる市内業者と市の協議の場に議員が同席したことについては、当該議員が「自らの認識不足は感じる」としながらも、「当局も同席を拒んでおらず、政治倫理要綱第3条に抵触せず、議員としての地位を利用して不正にその影響力を行使したことはない」とのことであった。

(2)当局に対する事実関係の聴取について

    入札に関わる市内業者と市の協議の場に議員が同席したことについて、当事者の西田副市長と藤本企画総務部長からは、「議員が同席することで、無言の圧力を感じた」との回答があった。

 

5 審査のまとめ

    昨年10月の改選以来、4回目の政治倫理審査会となるが、過去3回は公職選挙法の禁止行為についての審査であり論点が明確であった。

    しかし、今回は、特に養父市議会が最も重んじる政治倫理要綱の根幹をなす『倫理観』を持って行われるべき議員の行為がそれに抵触するか否かの審査である。

    当該議員は、今回の行為について「行き過ぎた行為であった」と反省している反面、自分なりの倫理観で正当化する発言を行っている。

    審査会は、2つの案件とも政治倫理要綱第3条第3号及び第4号に規定する「地位を利用して不正にその影響力を行使」、「不正の疑惑を持たれるおそれのある行為」として認められ、養父市議会の政治倫理基準に抵触すると判断する。

    また、審査会における議員の答弁や発言は、これまで議長に提出してきた経過説明や反省文とは異なる内容で、養父市議会基本条例、政治倫理要綱及び誓約書を正しく解釈した上でのものとは思えない言動であった。

    よって議長におかれては、田村議員に対し、今回のことを深く反省し、改めて政治倫理を遵守するよう政治倫理要綱第12条の規定に基づく警告として、書面による厳重注意を行い、あわせて反省文の提出を求める。

    さらに、市民に対し、経緯と事実を説明するため、議長が要請している記者会見を早急に開催させることを提言する。

この記事に関するお問い合わせ先

監査委員事務局
〒667-8651
養父市八鹿町八鹿1675
電話番号:079-665-6800
ファックス番号:079-665-6801

フォームからお問い合わせをする