CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

療育手帳をお持ちの方へ

療育手帳をお持ちの方へ
  療育手帳は、いろいろな原因によって脳の発達に障害が生じたか、発達途上(おおむね18歳未満)において、脳に障害を受けたために主として知能の働きが弱く、自己の身辺のことがらの処理及び社会生活への適応が困難な人に、こども家庭センター(18歳未満の児童)または、知的障害者更生相談所において、医学的、心理学的判定により知的障害と判定された方に対して、県知事から交付されます。
 この手帳を取得することにより、知的障害者の各種サービスを利用することができます。
 この手帳は、障害の程度を3段階(A:重度、B1:中度、B2:軽度)に区分しています。また、手帳には次回判定日が記されていますので、更新される方は次回判定日までに更新の申請が必要です。
 ※知的障害を伴わない発達障がい児(者)についても療育手帳(B2:軽度)が交付されます。

申請手続きについて

 申請書に必要事項を記入捺印のうえ、添付書類と共に、健康福祉部社会福祉課にご提出してください。 

必要書類

 療育手帳交付(更新)申請書
 同意書
 障がい者本人と確認できる写真(たて4センチ、よこ3センチ)
  ※ 写真はカラー、モノクロともに可
  ※申請書並びに診断書の様式は健康福祉部社会福祉課の窓口で請求してください。

   療育手帳で利用できる制度一覧 (pdfファイル 82KB)