CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

商工観光課

商工観光課

とがやま温泉PFI事業検証報告について

2017年12月22日

平成291130日をもってPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)方式を活用した「とがやま温泉天女の湯」が終了し、121日より指定管理施設として若杉高原開発企業組合へ引き継がれました。

当温泉施設は、旧八鹿町時代の平成141214日に全国初のPFI方式を活用した温浴施設としてオープンしました。とがやま温泉は「保健福祉医療の町」の顔として、優れた療養温泉を活用し、リハビリ的な要素を入れた車いすでも入浴できる「ケア浴場」を備えた施設として整備されました。

平成14年から平成29年までの15年間で約125万人の入り込み客を集め、市内観光施設の集客数では常にtop5に入る優良な施設となりました。

療養温泉として優れている温泉には鉄分やマンガンなどが含まれるため、カルシウム凝固物が発生しやすく、温浴施設の設備維持、修繕を行いながら15年間継続して営業した結果、温泉の泉質や施設内でのサービス等が評価され、「201617年中国・兵庫エリア天然温泉シールラリーゆらん」のランキングで泉質第2位、総合ランキング第3位に選ました。

温浴施設として高い評価を受け、また現在では空港事業などで採用されているコンセッションの先鞭となったPFI方式を活用した「とがやま温泉」の15年間のレビューを報告します。

とがやま温泉PFI事業検証報告 (pdfファイル 275KB)

参考資料 (pdfファイル 409KB)

担当事務

商工業の振興、中小企業融資・支援補助、労働行政、企業誘致、中心市街地活性化、北近畿豊岡自動車道周辺開発、観光振興、観光案内所、観光施設管理など