CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

2017年4月~

2017年4月~

ハチ高原で冬山開きが行われました

冬山開き

2017年12月9日

 12月9日(土)、養父市のハチ高原スキー場で、山の安全を祈願する冬山開きが行われました。

 神事のあと、ゲレンデでは関係者らがくす玉割りを行い、今シーズンの雪山、来場者の安全を祈りました。
 市内には、4つのスキー場「ハチ高原スキー場・ハイパーボウル東鉢スキー場・氷ノ山国際スキー場・若杉高原おおやスキー場」があり、同日「ハチ高原スキー場」がオープン。
 中央ゲレンデペアコースをスキーやスノーボードを楽しむことができます。
 ぜひ、ウインターシーズン到来の養父市へお越しください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 スキー場情報について詳しくは、「やぶ市観光協会」へお問い合わせいただくか、協会ホームページをご覧ください。
■問い合わせ先  (電話)079-663-1515
■ホームページ   http://www.yabu-kankou.jp/



兵庫県下最高峰 氷ノ山で初冠雪!

氷ノ山 初冠雪

2017年11月12日

11月12日(日)、兵庫県で最も標高が高い氷ノ山では12日朝、初冠雪が確認されました。

兵庫県と鳥取県との境にある氷ノ山(標高1510メートル)の山頂付近がうっすらと雪に覆われているのを確認。
やぶ市観光協会氷ノ山鉢伏支部(氷ノ山鉢伏観光協会)が初冠雪を発表しました。
養父市では、スキーなどのウインターシーズンが始まります✨
ぜひ、自然いっぱいの養父市へお越しください。
やぶ市観光協会ホームページをご覧ください。



地方創生実践塾が養父市で開催!

 地方創生実践塾

「国家戦略特区が切り拓く中山間地域の新しいみち~中山間農業改革特区 養父市の挑戦~」

地方創生実践塾が養父市で開催されます。
地方創生実践塾とは
 地域で課題となっているテーマを、先進的な取り組みを行う地域を開催地として、講義やフィールドワーク、グループワーク等の研修手法で、より実践的な地域づくりのノウハウや手法を学ぶことができるセミナーです。
ぜひ、ご参加ください。

開催日  平成29年10月27日(金)13時30分~28日(土)14時30分まで
会 場  兵庫県立但馬長寿の郷 ほか
対 象  地域づくりに興味のある方
定 員  40人
主 催  一般社団法人 地域活性化センター
共 催  養父市



やぶの日からやぶ市の日キャンペーン開催中!

やぶの日

2017年8月2日

8月2日を「なにかと読めないまち や(8)ぶ(2)の日」、8月24日を「なにかと読めないまち や(8)ぶ(2)市(4)の日」として「なにかと読めないまち 養父市」を、あらためて発信!

養父市への関心を高めもらい、観光振興や誘客促進、移住定住促進を図ろうとキャンペーンを実施しています!
養父市内の自然環境クールスポットを訪れ、写真を撮ってやぶ市観光案内所で提示すると、養父市特産品が当たる抽選会に参加できます!
当たれば、但馬牛がゲットできるかも(^^♪
詳しくは、下記サイトをクリック!



「仙櫻」蔵入れ!「明延」解禁!

「仙櫻」、「明延」

2017年5月30日

明延鉱山坑道内にある明寿蔵で熟成する純米吟醸酒「仙櫻」の蔵入れと純米酒「明延」の蔵入れ及び蔵出しが行われました。

また、今年は仙櫻の製造20周年にあたることから、明寿蔵の内部が初公開されました。
蔵入れを行った「仙櫻」と「明延」は明寿蔵内で熟成し、仙櫻は約5か月後、明延は1年後に蔵出しが行われます。

☆販売時期および店舗☆
「仙櫻」今年10月下旬に蔵出し後、販売予定。
「明延」6月6日から大屋町内4箇所の酒販店及び道の駅ようか但馬蔵で販売。
【販売店】
宮本酒店(養父市大屋町樽見433-1)
079-669-0404
小林酒店(養父市大屋町明延1294-2)
079-668-0032
中庭酒店(養父市大屋町大杉)
079-669-0749
㈱おおや振興公社(養父市大屋町加保582)
079-669-1822
道の駅ようか但馬蔵(養父市八鹿町高柳241-1)
079-662-3200



市内の高原で夏山開き

夏山開き

平成29年4月28日
本格的な夏山シーズンを前にした4月28日、ハチ高原の夏山開きがハチ高原交流促進センターで行われました。

参加した関係者約50人は、神事で夏山の安全と多くの観光客が訪れることを祈願したあと、晴天の青空の下、鉢伏山をバックにテープカットとくす玉割りで、山開きを祝福しました。
やぶ市観光協会氷ノ山鉢伏支部の藤原博志支部長は、「北近畿豊岡自動車が延長しましたが、ハチ高原も自然の魅力がいっぱいです。ぜひお越しください」とあいさつしました。

氷ノ山、東鉢伏高原、若杉高原など、市内の高原では、これから登山・キャンプなどを楽しむことができる、グリーンシーズンが始まります。



奇祭 お走り祭り 大屋川を渡る!

お走り祭り

平成29年4月15日
但馬の春を告げる、但馬の奇祭「お走り祭り 川渡御(かわとぎょ)」が養父市小城橋付近の大屋川で行われました。

お走り祭りとは、養父神社から約20km離れた斎神社を目指し、約150kgもある神輿を10人で担いで練り歩く祭りです。
15日の午後12時半頃から、一番の見どころである「川渡御」が行われ、かいちょうと呼ばれる担ぎ手らが肩まで浸かりながら大屋川を渡りました。

その後、養父市三谷の厳島神社で斎神社の神輿と合流し、翌日、両神社の神輿が激しくぶつかり合う「練り合わせ」が行われた後、それぞれの神社に帰っていきました。