CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

養父市防犯カメラ設置補助事業

養父市防犯カメラ設置補助事業

1.事業趣旨

自治会等の地域団体による防犯カメラの設置を促進し、地域の防犯活動を支援することにより、地域住民の安全・安心なまちづくりを確保するため本事業を実施します。

2.補助の内容

 (1)補助対象者

自治会、まちづくり協議会、自主防災・防犯組織などの地域団体で、以下に掲げる全ての要件を満たす団体。

  • 一定の地域を基盤とし、地域に根ざした活動をしていること。
  • 活動を行う地域の多数の世帯・住民で構成されていること。
  • 活動を行う地域の世帯・住民が自由に加入できること。
  • 規約や代表者を決めていること。

(2)補助要件

補助金の交付を申請することができる地域団体は、次に掲げる全ての要件を満たすもの。

  • 兵庫県防犯カメラ設置補助事業の補助要件を満たし、事業採択を受けていること。
    カメラ等機器の性能や撮影場所の条件等は、ページ下部の兵庫県ホームページから「平成29年度兵庫県防犯カメラ設置補助事業募集要項」を参照してください。
  • 防犯カメラを設置する地域の合意が形成されていること。
  • 防犯カメラを設置する場所の所有者の同意・許可を得ていること。
  • 防犯カメラを設置することについて、道路交通法その他の法令に基づく許可等が必要である場合は、当該許可を得ていること。

(3)補助額

補助額は、補助対象経費(県補助事業の助成額を除く)の金額のうち、以下の金額とします。
※予算の範囲内です。

  • 既存の建物や施設等にカメラを設置
     ⇒1箇所あたり8万円(上限)
  • 自立柱(ポール)を新設し、カメラを設置
     ⇒1箇所あたり20万円(上限)
    (8万円を超える部分の補助対象経費は、自立柱の新設にかかる費用に限る)

(4)補助対象経費

犯罪の予防を目的に、公道等に常設する映像の撮影、記録等の機能を有する機器(防犯カメラシステム)の購入及び取付工事に要する経費。

(5)補助対象外経費

  • 既存の設備の撤去に要する経費。
  • 土地の造成、土地又は建物等の使用若しくは取得又は補償に要する経費。
  • 防犯カメラシステムを維持管理することに要する経費。

3.応募について

(1)応募期間

平成29年6月30日(金曜日)まで(必着)

  • 平成29年度兵庫県防犯カメラ設置補助事業の募集期間に同じ。
  • 市への単独応募はできません。県への応募と併せての応募のみになりますので、ご留意ください。

(2)応募方法

必要書類を作成のうえ、市民生活部市民課へ提出してください。
 【応募書類】下記掲載の 書類の他に(4)指定様式を参照ください。
  • 平成29年度兵庫県防犯カメラ設置補助事業応募書及び添付書類
    ・県提出用とは別に1部必要
     自立柱(ポール)を新設する場合は、自立柱の購入・設置にかかる費用の区分が明確であるものに限ります。

(3)補助対象の選定(結果通知)

補助対象の選定は、県の補助要件を満たすもののうち、予算の範囲内において別に定める基準により行い、文書にて通知します。

  • 応募者多数の場合、不採択となる場合がありますので、ご留意ください。

(4)指定様式

【申請する時】

【設置が完了したとき】

【参考】

(5)兵庫県防犯カメラ設置補助事業(募集要項、応募様式等)について

県の募集要項、応募書等の県所定様式は、県ホームページからダウンロードできます。