CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

熊本県益城町へ職員を派遣しました

熊本県益城町へ職員を派遣しました

 養父市では、関西広域連合の要請を受け、平成28年熊本地震の被災地支援のため、次のとおり職員2人を派遣しました。

派遣先

 熊本県上益城郡益城町

派遣期間

 5月18日(水)~5月25日(水)

派遣職員

社会福祉課(主 幹)日下部 光俊(44歳)
市 民 課(副主幹)西 垣 和也(45歳)

出発式

 広瀬市長は「震災から1か月、市民の皆さんも支援したいけど、なかなか支援ができないというもどかしさがあったのではないかと思いますが、その思いを2人の職員が届けてくれることになりました。市民を代表してしっかりと任務にあたってくれるものと期待しています」と激励しました。
 日下部主幹は「避難所の運営で被災者のお役に少しでも立てるようにがんばるとともに社会福祉課は災害時、避難所業務を担当するため、高齢者や障害者が災害時にどのように過ごされてきたのかなどを聞き取って今後に生かしたい。職場を留守にしてご迷惑をおかけしますが精一杯がんばってきます」と話しました。
 西垣副主幹は「被災された方々は1か月が経ち、色んな不安や将来の悩みをお持ちだと思いますが、少しでも不安が解消できるようお手伝いしたい」と話しました。

 2人は、5月17日(火)午前7時30分に車で市役所を出発し、同日の午後6時30分に熊本県御船町にある宿舎に到着しました。

12
34