CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

2015年4月~

2015年4月~

養父市のひな祭り情報

葛畑土人形

2016年3月3日

 であいの里でひなまつりが始まりました。
 出合校区協議会が平成24年から行っているもので、お家で飾らなくなったおひなさまの寄贈を受け、であいの里で飾っています。

 最大の特徴は、地域内の葛畑地区で江戸末期から昭和の終わり頃まで製作されていた「葛畑土人形」約250点が一部屋に飾られているところです。3月3日~4月3日まで開催しています。

 ほかにも、市内ではひな祭りが行われています。
八鹿地区自治協議会では、3月10日~3月14日まで、蔵垣かいこの里では、3月5日~3月27日までの土・日に開催しています。



ようやくスキーシーズン到来

ハチ高原スキー場

2016年1月22日

19日から降り出した雪により、市内のスキー場で営業開始や滑走可能エリアが拡大され、22日には、市内全てのスキー場で営業が開始されました。以降も雪が降り続いています。

スキーヤー、スノーボーダーの皆さま、シーズンはこれからです。どんどんお越しください。

【1月27日現在の雪情報】
ハチ高原スキー場・・・積雪量80センチ、ほぼ全面滑走可能
氷ノ山国際スキー場・・・積雪量50センチ、ファミリーコースは土日祝のみ
ハイパーボウル東鉢・・・積雪量80センチ、全面滑走可能
若杉高原おおやスキー場・・・降雪量60センチ、一部コースは土日祝のみ、コブコースは×



氷ノ山で初冠雪を迎えました

氷ノ山初冠雪

2015年11月27日

11月26日の初冠雪は、観測を始めた昭和60年以降で最も遅いものとなりました。これまで最も遅かったのは、平成23年の11月21日でした。



平将明内閣府副大臣が養父市を視察

平副大臣

2015年9月30日

 9月30日、平将明内閣府副大臣が国家戦略特区の視察で養父市を訪れました。

 平副大臣は、酒米を作っている能座、養蚕古民家をレストラン兼宿泊施設に改修した大屋町大杉、別宮の棚田、シルバー人材センター(八鹿町下網場)を視察しました。
 シルバー人材センターでの協議では、同センターの久保田理事から、規制緩和のお礼と更なる緩和について要望しました。
 平副大臣は「高齢者の働きたいという気持ちを阻害しないようにやっていきたい」と話しました。
視察を終えた平副大臣は「山陽アムナック(株)は、棚田で酒米を作って日本酒にして海外に輸出したいと話していた。大杉の養蚕住宅では、古民家に新たな価値を見い出し、Uターンで戻ってきた人が働いている。これらは、特区という強力なツールを使って一つ一つ結果を出しつつあると感じた。前に進んでいる現場を見て可能性を感じた。養父市と連携して、更に、新たな改革の議論をしていきたい」と話しました。



一円電車乗車11,111人を達成!

11,111人乗車達成

2015年6月7日

6月7日、大屋町明延の一円電車乗車会で乗客11,111人を達成しました。

平成22年10月の初運行から昨年10月の一円電車まつりで1万人を超えており、一円電車にちなんだ11,111人に向けて準備を進めていました。
11,111人目の乗客となったのは宍粟市在住の中尾すゑ子さんでした。
中尾さんは「思いがけないプレゼントでビックリした。兄弟7人と1泊2日の旅行していて、たまたま立ち寄って乗ろうということになった。昔、おじさん夫婦が社宅に住んでいたのでこれも何かの縁ですね。一円電車は初めて乗りましたが子どもに戻ったような楽しい楽しい時間が過ごせました」と話していました。
鉱石の道明延実行委員会の小林政数副会長は「一円電車にちなんで、11,111人目のお客様を歓迎し、みんなでお祝いしようと先月から首を長くしてこの日を待っていました。次は11万1111人に向けてがんばっていきます」と話しました。



大屋川に稚鮎を放流

稚鮎の放流

2015年5月11日

5月11日、円山川漁協養父支部が放流した稚鮎250kgのうち、一部を広谷幼児センターの5歳児24人が放流しました。

園児は持参したバケツにアユを入れてもらうと「ぴちゃぴちゃ跳ねて水がかかる」「アユって噛まない?」とおそるおそるバケツに手を入れていました。

放流した10cm程度の稚鮎は、解禁日の6月1日には15~20cm近くまで成長します。



明延の一円電車に乗ろう!

一円電車

2015年4月12日

4月12日、今年度の一円電車の運行が始まりました。
この日は200人を超える乗客が「くろがね号」に乗り込み、70mの運行を楽しみました。

 鉱石の道明延実行委員会の小林史朗会長は「山の中腹の600m区間を走らせようと言い続けてきたが、線路の7~8割の補修が終わった。早く走らせることができるようがんばっていきたい」とあいさつしました。

 今後は、5月3日、6月7日、7月5日、8月2日、9月6日、10月4日、11月1日(全て日曜日)に運行する予定です。
 一円電車運行日には探検坑道見学会が開催されます。また、旧北星長屋社宅を一般開放しています。