CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

やぶ暮らし住宅支援制度について

やぶ暮らし住宅支援制度について
 平成26年3月31日をもって養父市定住促進条例を廃止し、平成26年4月1日から、養父市やぶ暮らし住宅支援条例に基づく新たな「やぶ暮らし住宅支援制度」がスタートしました。
 この制度は、豊かな自然に恵まれ、歴史と文化の薫る養父市での暮らしを奨励し、定住を促すため、新たに住宅を確保しようとする者を支援することにより、活気に満ちた元気なまちをつくることを目的としています。

1 対象者

 本市に定住する満40歳未満(U・Iターン者は満65歳未満)の方が対象となります。

 ただし、次に該当する方は除きます。

 (1) 本人及びその世帯に属するすべての者が市税等及び使用料等を滞納している方

 (2) 国、県又は市の他の制度による補助金等の補填を受けて住宅を確保する方

※U・Iターン者とは、定住のため平成26年4月1日以後に転入した者(転入前に1年以上市外に居住していた者に限ります。)をいいます。

2 奨励金の内容

 (1) 新築奨励金  
 (2) 空き家購入奨励金
 (3) 増改築奨励金
 (4) 民間賃貸住宅入居奨励金

新築奨励金 

 空き家購入奨励金

 ■要件等
 延床面積が75平方メートル以上の専用住宅を新築した場合(建築日から5年以内に購入した建売住宅を含む)

■奨励金の金額
 専用住宅の延床面積に、1平方メートル当たり2,000円を乗じた額。ただし、400,000円を上限とする。

■申請日
 住宅を取得した日の属する年度内

■要件等
 延床面積が75平方メートル以上で、300万円(土地の取得費用を含む。)以上の費用を要して空き家(建築日から5年を超える建売住宅を含む)を購入した場合

■奨励金の金額
 空き家の延床面積に、1平方メートル当たり1,500円を乗じた額。ただし、300,000円を上限とする。

■申請日
 空き家を取得した日の属する年度内

増改築奨励金

 民間賃貸住宅入居奨励金

■要件等
 延床面積が75平方メートル以上で、50万円以上の費用を要して専用住宅または賃貸住宅等(共同住宅を除く)を増改築した場合

■奨励金の金額
 増改築に要する費用に10分の1を乗じた額。ただし、250,000円を上限とする。

■申請日
 増築または改築の完了した日の属する年度内

 ■要件等
 賃借料の月額(共益費、駐車場使用料など直接住宅の賃借料と認められないものを除く)が4万円以上の賃貸住宅等に入居した場合

■奨励金の金額
 月額40,000円を超える家賃額を対象とする。ただし、月額10,000円を限度に24箇月分(上限240,000円)

■申請日
 入居の日以降、その日の属する年度の2月中
 (中途退去の場合には退去時)



3 奨励金への加算

 新築奨励金、空き家購入奨励金又は増改築奨励金の申請者が、多世代同居世帯又はU・Iターン者世帯の場合、奨励金の額に一定額を加算します。

4 旧制度の経過措置

 養父市やぶ暮らし住宅支援条例の施行に伴い、これまでの養父市定住促進条例は失効しますが、就労奨励事業については、条例の失効前に交付要件を満たしていない方であっても、失効後に交付要件(3年以上の就労期間など)を満たした場合には、奨励金を受けることができます。
 また、家賃対策奨励金の受給者については、引き続き奨励金を受けることができますので、該当される方は忘れずに申請してください。

5 その他

  養父市やぶ暮らし住宅支援制度のあらまし及び申請書(様式)は、次のとおりです。
     養父市やぶ暮らし住宅支援制度のあらまし (pdfファイル 256KB)
     申請書(様式)(docファイル 119KB)
     申請書(記入例)(pdfファイル 359KB)