CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

八鹿鉄工(株)発 高糖度トマトにカーボン・オフセット

八鹿鉄工(株)発 高糖度トマトにカーボン・オフセット

養父(やぶ)の森林応援団 八鹿鉄工 株式会社さん

 養父市j-VER(オフセット・クレジット)を活用して「豊かな自然を守り育てます」を応援します。 
     
当社は、農業用機械製造会社として1941(昭和16)年に創業し70数年間、日本の農業とともに歩んで来ました。
近年、農業従事者の高齢化や後継者不足を受け、産業創造の必要性(六次産業化)から農業生産に取り組み、平成25年9月、社内にアグリ事業部を新設して高糖度トマトなどを栽培・販売しています。
養父市の農業の活性化、可能性を養父市国家戦略特区と共に安心彩りを全国の皆さまの食卓をお届けします。
   
栽培にアイメック農法というトマトに必要な養分と水しか透さない特殊なフィルムを使って栽培します。
  • このフィルムは、ウイルスや病原菌などを透さないため、病気にかかりにくく、農薬の使用も極めて少なく栽培しています。
  • 特徴は、トマトが生育する上で、必要以上の養水分を与えない代わりに多くの糖分や、アミノ酸などを作り出すため高糖度で高栄養価のトマトができます。
  • この農法は排液が出ないため、環境にも極めて優しいシステムです。
但馬の厳しい冬の中でも安定的に生育させるため、栽培ハウス内はボイラーでの加温が必要となりますが、今回、木質バイオマス(薪や木材の端材)ボイラーを導入していく中で、どうしても二酸化炭素(CO2)を出してしまいます。
私たち生産者は、どうしても排出してしまう二酸化炭素のオフセットにオフセット・クレジット(J-VER)を利用することにしました。
養父市の森林から創出されたJ-VER、地産地消の取り組みです。
 
 ○ ベジ×ふる あさくら彩園 HPへ:http://www.asakura-saien.com/
    兵庫県養父市八鹿町朝倉200 (電話 079-662-7111)

八鹿鉄工株式会社(ベジ×ふる あさくら彩園)様に養父市J-VERを購入いただきました。

 

平成27年2月5日、養父市役所において八鹿鉄工(株)様と養父市市有林J-VER売買契約を締結いたしました。
(環境を意識し貢献活動に積極的に取組まれている企業様を山陰合同銀行様に紹介いただき、ご購入の運びとなりました。)
1 販売数量: 40トン(tーCO2)
2 購入の目的:
トマト栽培の施設園芸において、養父市内の間伐材(端材)を熱源とした薪ボイラーを加温に利用し、温室効果ガス(CO2)の排出削減に努め、削減できなかったCO2分をオフセットする。

 ○ 八鹿鉄工 株式会社 HPへ:http://yoka-tekko.com/
    兵庫県養父市八鹿町朝倉200 (電話 079-662-7111) 

養父市市有林J-VER地域コーディネーター

 森林の持つCO2吸収を活用した、カーボン・オフセットを推進するため、養父市の取得したJ-VERのマッチング(紹介・活用提案)を行う、「養父市市有林J-VER地域コーディネーター」として、やぶパートナーズ株式会社様、株式会社山陰合同銀行様を認定しています。

オフセット・クレジット(J-VER)制度とは

温室効果ガスの排出削減・吸収量を販売可能なクレジットとして認証する国の制度で、自治体や企業等の自主的な取組を通じて、達成された温室効果ガスの吸収量等に対してJ-VERが発行されます。J-VERは金銭的な価値と市場流通性を持ち、自由な取引を行うことができます。
なお、J-VERは、平成25年度からJ-クレジット制度に発展的に統合されています。

養父市市有林J-VERの紹介

 ○市HP:養父市市有林オフセット・クレジット(J-VER)の販売を行っています 。
 ○市HP:株式会社山陰合同銀行を「養父市市有林J-VER地域コーディネーター」に認定