CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

2014年4月~

2014年4月~

道の駅「ようか但馬蔵」が重点「道の駅」候補に!

表彰伝達

2015年3月5日

3月5日、道の駅「ようか但馬蔵」が1月30日に「重点道の駅候補」として選定されたことに伴い、豊岡河川国道事務所の和佐喜平所長から広瀬市長に選定証が手渡されました。

この選定は、道の駅の新たな展開として、好循環の地方拡大の強力ツール、地方創生を進めるための「小さな拠点」と位置付け、各省庁と連携して重点支援する取り組みとして実施しており、全国1040か所の道の駅の中から、「全国モデル」6か所、「重点道の駅」35か所、「重点道の駅候補」49か所の合計90か所の道の駅が選定されました。
この、「重点道の駅候補」に選定された道の駅「ようか但馬蔵」では、Wi-Fiフリースポットの拡充や観光施設・観光地と連携したイベント開催、特産品の開発・販売を行うこととしています。
和佐所長は「道の駅は元々ドライバーが休憩などに立ち寄る施設であったが、今では、道の駅自体が目的地となってきている。ようか但馬蔵には、観光資源を活かして新たな効果を生み出す地域活性化の拠点として期待しています」と話していました。



ハチ高原冬山開式

冬山開き式

2014年12月6日

12月6日、ハチ高原交流促進センターでハチ高原冬山開式が行われました。
安全祈願のお祓いの後、来賓による玉串奉献が行われました。

やぶ市観光協会の一ノ本理事長は「既に営業しているスキー場の話では、入り込みは昨年の1割増しと聞いている。ただ、何をしなくても客が来るという状況ではない、スキー場、宿泊施設等それぞれが1人でも多くお客様を呼べるよう努力しましょう」とあいさつしました。
同日、ハチ高原スキー場のクリスタルゲレンデ人口雪コースがオープンし、吹雪の中でしたが、ゲレンデはウインターシーズンを待ちわびた多くのお客さんで賑わいました。



養父市制10周年記念式典を開催しました

10周年記念バルーンリリース

2014年11月3日

11月3日
養父市文化会館ホールで養父市制10周年記念式典を開催しました。
井戸知事、姉妹提携の北海道留寿都村長、災害協定の塩竈市長

をはじめ多くの皆さまにご出席いただきました。
オープニングの和太鼓演奏、映像による養父市10年のあゆみの上映に引き続き式典が行われました。

同時に行った市役所周辺でのイベントでは、多くの市民で賑わいました。
イベントの最後はバルーンリリースともちまきでしめくくりました。



小泉進次郎内閣府大臣政務官が養父市を視察

小泉進次郎政務官

2014年9月22日

小泉内閣府大臣政務官が国家戦略特区の養父市を視察しました。
市長室で懇談した後、大屋町加保の棚田、ビックラボ、大杉養蚕住宅、但馬醸造所を訪れました。

小泉政務官は「政治家が地方に行くと、『年金が減って』とか『消費税が上がって』という話が多い中、養父市に来ると、シルバー人材センターから『もっと働きたい』と言われた。こんなことは初めてであり、すばらしいことだと思った。シルバー人材じゃなくてゴールド人材です」と話してくれました。

また、養父市民に向けてメッセージを求めたところ「こんなにあったかい養父市のみなさんに特区に名乗り出ていただいて、これを成功させないとみなさんに顔向けできないと思いますので、これから全力で頑張っていきたいと思います」と話してくれました。



国家戦略特区「区域会議」を開催

特区会議

7月25日、国家戦略特区の第1回区域会議を開催しました。
国からは、新藤総務相と西村内閣府副大臣が、市からは、広瀬市長、三野副市長、民間からは(有)新鮮組、(株)マイハニーが出席しました。

合意した事業は、民間事業者が、市内農家と連携して行う、農家レストラン、有機野菜の生産・加工・販売、養蜂業の開始、古民家を活用した宿泊施設の整備などとなっています。



第3回朝倉山椒A-1グランプリ

優勝作品

2014年7月8日

八鹿町朝倉のJAたじま総合営農センターで第3回朝倉山椒A-1グランプリが開催されました。
市内で食べられる、買える山椒料理をテーマに、11店舗、13品の料理を審査しました。

特別審査員8人と一般審査員7人が、おいしさや見た目、もう一度食べたい度合いなどの審査項目に基づき審査した結果、レストランごはんやの「朝倉山椒ペースト」が最優秀賞となりました。

既にメニュー「特製冷やしうどん」の薬味としてお店で提供されているとのことです。
最優秀賞には、「さんしょ」にちなんで、賞金34,400円が贈られました。



稚鮎の放流

稚鮎の放流

2014年5月20日

5月20日(火)市役所前の八木川で、八鹿幼稚園の園児42人が稚鮎を放流しました。

放流された鮎は、勢いよく流れる八木川で、清流が育む良質な珪藻を食べて成長するため、香りが良く、身が締まり、美味であることから、八木太郎の名で親しまれています。

6月1日から鮎漁が解禁となりますので是非、鮎釣りにお越しください。



夏山開き!

くす玉わり

2014年5月2日

5月2日(金)ハチ高原交流促進センター付近で、氷ノ山・ハチ高原・東鉢伏の夏山開きが開催され、安全祈願などの神事、関係者や来賓の挨拶、くす玉わりが行われました。

5月25日(日)には氷ノ山新緑登山フェスティバルが開催されますので、お申込みのうえご参加ください。



ミズバショウ開花!

ミズバショウ

2014年4月18日

日本のミズバショウ分布の南西限として有名な養父市大屋町加保のミズバショウが開花しました。4月18日(金)現在で、240株が咲いており、5月上旬までが見頃です。

4月29日(火、祝)には「ミズバショウ祭り」が開催されますので、是非ご来場ください。

ちなみにミズバショウは、養父市では市花として親しまれています。



樽見の大桜 満開!

樽見の大桜

2014年4月8日

国の天然記念物に指定されている県下最大のエドヒガン桜「樽見の大桜」が見頃を迎えています。

今週は天気も良く、平日であるにも関わらず、連日300人を超える人でにぎわっています。

今のところ、4月9日(水)~4月11日(金)まで好天が続く予報です。
多くの方のお越しをお待ちしています。