CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

一円電車せんべい販売!!(^^)

一円電車せんべい販売!!(^^)

明延鉱山”一円電車せんべい”を販売しています

 「鉱石の道」明延実行委員会が、一円電車がデザインされたせんべいを販売しています。

 絵柄は、明延購買会で使用されていた買い物袋に印刷されていたものです。製造所は隆盛堂製菓㈱で、小麦粉、卵、砂糖、油脂を原料にしています。

 このせんべいは、第5回一円電車まつり(平成23年10月23日開催)で復刻された”鉱山せんべい”のデザインを一新したものです。

 

価格

 1パック2枚入り  200円

 

販売開始日

 平成25年8月4日(日)午前10時~ 好評発売中

販売場所

あけのべ自然学校(養父市大屋町明延1184)

小林酒店(養父市大屋町明延1294)

大屋地域局(養父市大屋町大屋市場20-1)

お問い合わせ先

「鉱石の道」明延実行委員会

〒667-0436 養父市大屋町明延1184 あけのべ自然学校内

TEL 079-668-0258

鉱石の道HP

↓↓↓

http://www.koseki-michi.com/



※「鉱石の道」明延実行委員会とは

明延鉱山(養父市大屋町)、神子畑鉱山(朝来市)、生野鉱山(朝来市生野町)は、日本の近代化を支えた鉱山です。これら3つの鉱山には、鉱石輸送の専用道路が整備され、鉱石や人、物資が運ばれていました。

明延鉱山で採掘された鉱石が、専用電車で神子畑選鉱所へ運ばれて選鉱され、専用道路で生野製錬所に輸送。さらに生野鉱山本部から銀の馬車道(生野鉱山~姫路港を結ぶ馬車専用道路)へと繋がり、日本の工業発展に大きく貢献しました。

現在、この輸送ルートは「鉱石の道」と名付けられ、鉱石や従業員を運んだ電車やインクライン、日本最古の鋳鉄橋や鉱山道路など、往時を偲ぶ貴重な産業遺産が大切に保存されています。

先人が遺した産業遺産を活かして地域を活性化しようとするのが「鉱石の道」実行委員会で、「鉱石の道」明延実行委員会は、養父市大屋町明延地域に組織された地域の実行委員会です。