CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

八鹿焼をご存じですか

八鹿焼をご存じですか
 明治時代から大正時代にかけて養父市八鹿町で焼かれた陶器です。八鹿焼は明治4年に八鹿村の植木清兵衛が神田山に瓦を焼く窯を築いて始めました。出石焼 は石を砕いて材料とする磁器ですが、八鹿焼は土焼の陶器です。高級品をやく出石焼に対して、八鹿焼は日常生活に使う陶器を作りました。

 八鹿焼は、島根県の石州瓦の本場から陶芸の技術者を招いて出発しました。石州では瓦だけでなく水瓶の生産地としても有名でしたので水瓶や花瓶なども焼き ました。2代目の植木陽山は、画家の小林礫川と親しく交際していました。このため八鹿焼の中には小林礫川が描いた絵を使った作品も多くあります。また八鹿 焼で作った五重塔、社殿などもあります。

 一般的には、つぼ・すり鉢・とっくり・土管・植木鉢・火鉢・こめ鉢・片口(片方にだけ口がある銚子)・土瓶などを作りました。 昭和4年を最後に八鹿焼は窯を閉じました。

記念館の所蔵品

かよい徳利
かよい徳利  

 1升(約1.8L)入りや5合入りなどの貧乏徳利で、小買いをする客に対する酒屋の貸容器として利用されたもので、かよい徳利ともいいます。小城米田酒店の文字をかいています。八鹿焼きの一品です。
ゆたんぽ ゆたんぽ  
 
 円筒形の入れ物です。端に湯の注ぎ口となる穴があいています。これも八鹿焼きの一品です。
つぼ つぼ     

 花瓶のよう形をした壺です。下に木の栓がありますので、醤油などをいれたものでしょうか。
広口つぼ 広口つぼ  

 丸くふくらんだ口縁部が付いた、広口壺です。白土の陶器の表面に呉須とよばれる酸化コバルトの顔料で絵付けをして、その上にガラス質の釉薬をか けて1300度ほどで焼き上げています。絵は、中央に牡丹を表裏で一対描いています。その下に唐草や矩形の線などを連続して、呉須で描いています。八鹿焼 きの優れた一品です。