CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

大庄屋・長島家住宅の母屋と客殿

大庄屋・長島家住宅の母屋と客殿

母屋と客殿

 建物と敷地は明治から大正時代に活躍した但馬を代表する豪農住宅であることから、長島家住宅という名称で養父市指定文化財になっています。建物だけでな く石垣や土塀なども含めた住宅景観は大変貴重なもので、兵庫県を代表する大正時代に最盛期を迎えた農村景観が、敷地の内外にわたって綺麗に保全されていま す。
 
 母屋は、二階建ての木造住宅です。玄関を入ると土間で、左側に八畳間が3室並びます。いろりの間、中の間、店の間です。中の間にはケヤキで作った大きな 火鉢をおいています。その後ろ側も同じように3室あるもので、庄屋住宅などでよくみられる六間取りの建物となっています。
母屋一階・店の間

母屋一階・店の間

母屋一階・中の間
母屋一階・中の間

 
母屋一階・表座敷

母屋一階・表座敷

母屋一階・いろりの間
母屋一階・いろりの間

 表座敷から内蔵にそった廊下のガラス窓
表座敷から内蔵にそった廊下のガラス窓

 母屋は、正面の玄関側の四間とその土間の部分が2階建ての建物となっています。その後側は、2階から1階まで窓のない大きな2段の屋根で作られて います。母屋の奥に内蔵があります。この土蔵に寛保3年(1743)の年号があることから、母屋と土蔵が建物で連結されて現在の姿になったと考えられま す。
 
 棟札等による母屋の建築年代は明治12年頃です。天保9年(1838)から嘉永5年(1852)までの15年、長島善右衛門は出石藩18ヶ村の大庄屋をつとめ、苗字帯刀を許されていました。


表座敷には廻り縁があります

表座敷には廻り縁があります

表座敷の庭から袖門をみました
表座敷の庭から袖門をみました

表座敷からみた庭園です

表座敷からみた庭園です

 庭園に埋められた備前焼の甕です
 庭園に埋められた備前焼の甕です


 表座敷(8畳)には廻り縁が作られています。その前方に大正時代に整備された庭園があります。上箇から薮崎集落を見通す景勝地で、築山と池泉を整備した 池泉観賞式庭園となっています。庭に埋められている甕は、江戸時代に作られた越前焼きの甕を転用して利用しています。


ガラス窓を使った客殿の窓

ガラス窓を使った客殿の窓

漆喰とガラスが特徴的な客殿
漆喰とガラスが特徴的な客殿


 離れ(客殿)は、2階建て木造建築で、大正時代の建築です。一階は、六畳間が3室、四畳半が1室、茶室が1室あります。二階は2部屋あります。部屋の襖 には幕末から明治時代に養父市に居住して活躍した小林礫川の襖絵が四枚あります。外からみると多くの窓ガラスを使った贅沢な建物であることがよくわかります。


客殿一階・書院

客殿一階・書院

客殿側にあるお風呂
客殿側にあるお風呂

 

未知との遭遇・客殿二階への階段です

未知との遭遇・客殿二階への階段です

客殿二階・特別な貴賓室です
客殿二階・特別な貴賓室です

 母屋一階・店の間より村の方向をみる
母屋一階・店の間より村の方向をみる