CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

大屋市民センター図書室「うちげえの本棚」のご案内

大屋市民センター図書室「うちげえの本棚」のご案内
大屋の利用者カード 引き続きご愛顧ください

「うちげえ」とは、養父市大屋地域で今も日常的に使われている方言です。愛情と親近感を込めて「わが家(や)」「わたし」という意味を持ちます。
皆さんのわが家、ほっとする場所、本をより好きになってもらえる場所に…という願いからこの愛称を付けました。

梁(はり)を生かした高い天井に、しっくりと落ち着いた色、大屋の山々に育つ木をイメージした書架、その奥には子どもたちのための空間、屋根裏絵本の部屋があります。子どものころの秘密の場所を思い出しながら、畳に寝そべっていつまでも本を眺めてみませんか。

2009年7月1日から、市内図書室のネットワーク化により、どの図書室からでも予約、貸出、返却ができるようになりました。
お探しの本が他館にあれば、取り寄せすることができますので、お気軽にお問い合わせください。(予約状況によっては時間がかかることもあります。)





場所

屋根裏 絵本の部屋

養父市大屋町大屋市場20-1 大屋市民センター2階


開館時間

午前9時~午後5時

休館日

毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
※土・日・祝日もご利用いただけます。

貸し出しについて

  1. 養父市内に在住、在勤、在学の方ならどなたでも借りられます。
  2. お1人につき5冊まで、15日間借りられます。
  3. 利用者カードがあれば市内図書室のどこからでも借りることができて、どこにでも返却することができます。

利用者カードについて

  1. カードはお1人につき1枚のみ有効です。
  2. ネットワーク後も大屋の利用者カードはそのまま使えます。
  3. 新規の方は無料で利用者カードをお作りします。住所、氏名が分かるもの(免許証、保険証など)をご持参ください。更新、再発行には50円の費用がかかります。

「こんな本があったらいいな」 みなさんのリクエストをお寄せください。

本は市民みなさんの財産です。返却日を守って大切に読みましょう。