CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

わが家の耐震診断・耐震改修のご案内

わが家の耐震診断・耐震改修のご案内
旧ページタイトル:わが家の耐震診断・耐震改修のご案内
旧ページ見出し:
~昭和56年以前に建てられた住宅にお住まいの方へ~
わが家の耐震診断・耐震改修のご案内

~昭和56年以前に建てられた住宅にお住まいの方へ~

平成7年に発生した阪神・淡路大震災では、家屋・家具の倒壊により多くの尊い命が奪われました。大きな被害を受けた建物のほとんどは、昭和56年5月以前の旧耐震基準により建築された木造住宅でした。
木造家屋の倒壊状況

近年では、新潟中越地震、東日本大震災など大規模な地震が頻発しています。
また近い将来にはマグニチュード(M)8を超える東南海・南海地震や山崎断層地震が起こるとも予測されており、いつどこで大地震が発生してもおかしくない状況にあります。

これまでの大震災の教訓を生かし地震から命を守るには、住まいを耐震化し住宅を補強しておくことが大切です。

 

地震から家族の生命・財産を守るために

昭和56年6月に建築基準法が改正され、耐震に関する基準が強化されました。法改正以前(昭和56年5月以前)に建てられた建物は、現在の耐震基準で建てられた住宅に比べて耐震性が低いと考えられます。

 

「誰でもできるわが家の耐震診断」をしてみましょう。

パンフレット表紙
まずは、ご自身で簡単にできるお住まいの耐震診断をしてみましょう。

下のダウンロードから、耐震診断問診票1~3をプリントし、各問にお答えください。

それぞれの問いに対して当てはまる項目の評点を記入して下さい。

問診1~10全部の評点を合計して下さい。

評点の合計により、『判定・今後の対策』をご確認ください。
注)この診断では地盤については考慮しておりません。地盤の影響に関しては専門家におたずねください。

 


簡易耐震診断を受けましょう

 

養父市では無料で住宅の耐震診断受けていただくことができる『簡易耐震診断推進事業』を行っています。

耐震診断技術者(建築士)の診断を受けて、ご自身の住まいが耐震基準を満たしているかどうかを確認しましょう。

 


簡易耐震診断

診断費用木造戸建住宅の場合 無料(申請者負担なし)
注)条件により対象とならない住宅があります。

◎お申し込みは・・・
建築住宅課(電話 079-664-1981)

 

 


簡易耐震診断の結果「耐震性が不足」と評価されたら・・・。

『耐震改修工事』を検討して下さい。

 

兵庫県では、住宅の耐震改修に対する助成制度

『ひょうご住まいの耐震化促進事業』

を設けています。


  


木造住宅の「耐震改修の耐震補強技術」と「耐震改修の概算費用」について、
一般財団法人 日本建築防災協会ホームページにて紹介されていますので、ぜひご覧ください。






一般財団法人 日本建築防災協会/木造住宅(居住者)  (外部サイト)
「住宅等防災技術評価制度で評価された技術 木造住宅の耐震補強技術のご紹介」
「木造住宅の耐震改修の費用 ―耐震改修ってどのくらいかかるの?ー」

 

住宅耐震改修計画策定費補助

 

内容

住宅の耐震改修計画の策定にかかる費用の一部を補助します

 

補助金額

改修計画策定費の3分の2以内(戸建住宅の場合最大20万円)

 

対象となる住宅

・昭和56年5月31日以前に着工されたもので、違反建築物でないもの。
・耐震診断の結果、耐震性が不足していると判定されたもの


住宅耐震改修工事費補助

 

内容

住宅の安全性を確保するため耐震補強工事に対して費用の一部を補助

 

補助金額

戸建住宅は対象となる費用の3分の1以内とし、100万円を限度。
共同住宅は2分の1以内とし、40万円/戸を限度。
 

対象となる住宅

・昭和56年5月31日以前に着工されたもので、違反建築物でないもの。
・耐震診断の結果、耐震性が不足していると判定されたもの

対象となる方

・兵庫県内に住所を有する方 所得制限あり

 

●制度の内容、申請方法などご不明な点は●

建築住宅課(電話 079-664-1981)へお問い合わせください。

 

 『養父市住宅リフォーム支援事業』も利用できます。

耐震改修工事とあわせてリフォーム工事をすると、さらに最大20万円の補助金が上乗せとなります。

 

養父市住宅リフォーム支援事業

 

内容

住宅のリフォーム工事費の一部を助成
注)20万円以上の工事が対象となります。
 

補助金額

工事費の10分の1以内(ただし補助金額は10万円を上限)
耐震改修とあわせてリフォーム工事をするときは、補助金額の上限が20万円となります。



ダウンロード

簡易耐震診断推進事業申込書(戸建て)(PDF文書)
簡易耐震診断施術者名簿(PDF文書)
誰でもできるわが家の耐震診断問診票1(4MB)(PDF文書)
誰でもできるわが家の耐震診断問診票2(3MB)(PDF文書)
誰でもできるわが家の耐震診断問診票3(3MB)(PDF文書)