CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

日常生活用具の給付について

日常生活用具の給付について
障がいのある方及び難病患者の方の日常生活の生活の便宜を図るために、障害等の内容に応じて日常生活用具を給付します。
原則として費用の1割が自己負担となりますが、世帯の所得等に応じて負担上限月額が決められています。
  

対象者

在宅の障がい者(児)及び難病患者の方
なお、給付対象はそれぞれの品目ごとに障害種別、手帳等級等で決まっています。
障害者総合支援法の対象疾病一覧
 

給付用具の種目

(1)特殊寝台
(2)特殊マット
(3)便器
(4)入浴補助用具
(5)電気式たん吸引器
(6)盲人用体温計
(7)盲人用時計
(8)ネブライザー
(9)点字器
(10)聴覚障がい者用屋内信号装置
(11) 聴覚障がい者用情報受信装置
(12)移動用リフト
(13)歩行支援用具
(14) 居宅生活動作補助用具 
(15)ストマ用装具 
(16)視覚障がい者用活字読み上げ装置・拡大読書器 等    
(17)視覚障がい者用地デジ対応ラジオ ※平成28年4月より給付対象となりました。
 

費用負担

本人及び配偶者、同一世帯の扶養義務者の前年の所得税・市民税額に応じて、一部自己負担が必要です。
 

申請方法

申請される場合は事前に申請してください。

(1)日常生活用具(給付・貸与)申請書
(2)身体障害者手帳
(3)日常生活用具の見積書
(4)医師の意見書(給付用具により必要な場合があります)
(5)印鑑

 

ダウンロード

日常生活用具給付申請書.pdf
たん吸引器・ネブライザー給付医師意見書 (pdfファイル 32KB)