CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

2012年6月~2013年3月

2012年6月~2013年3月

伊佐コウノトリ放鳥拠点施設に放鳥しているコウノトリの産卵が確認されました

コウノトリの卵

3月14日 11時50分、伊佐コウノトリ放鳥拠点施設に放鳥しているコウノトリの産卵が確認されました!

2月中旬以降、安定的な交尾行動が確認されていたため、産卵が近いのではないかと予想されていましたが、3月14日、コウノトリの郷公園から、産卵を確認したとの連絡が入りました。
心待ちにしていたこの朗報に、関係者の皆さんから喜びの声があがっています。



兵庫県但馬朝倉さんしょ食の匠推進協議会 設立

設立総会の様子

2月28日、たじま農業協同組合総合営農センターで、「兵庫県但馬朝倉さんしょ食の匠推進協議会」が設立されました。

市では、朝倉さんしょの苗木購入や団地化に対し補助を行っており、平成32年には市内で約50tの収穫を見込んでいます。
今回、朝倉さんしょの生産から販売に関わる団体が協働して、朝倉さんしょの情報発信・販売活動を通じてブランド確立を進めるため同協議会を立ち上げることになりました。

お問い合わせ:養父市産業環境部農林振興課(TEL079-664-1451)



三野昌二氏が副市長に就任しました

就任式

2月4日に開かれた養父市議会第60回臨時会において、副市長の選任同意を求める議案が提案され、三野昌二氏が副市長に就任しました。



南但ごみ処理施設 火入れ式

南但ごみ処理施設

1月23日、朝来市和田山町高田地内に建設中の南但ごみ処理施設において、関係者出席のもと「南但ごみ処理施設建設工事 火入式」が行われました。

この施設は、本年4月から本稼働し、南但管内のゴミの受入れ、処分、リサイクルを行い、ゴミを安全・安定的に処理して いきます。
一般廃棄物処理施設として、バイオマス施設と焼却施設を併設するのは、地方公共団体としては、全国初となります。



市内4スキー場が営業開始

氷ノ山国際スキー場

12月25日、市営氷ノ山国際スキー場がオープンしました。市内の全スキー場でスキー・スノーボードを楽しむことができます。

北近畿豊岡自動車道 和田山八鹿道路の開通により、八鹿氷ノ山ICから各ゲレンデまで約30分、京阪神地域から各ゲレンデまでは約2時間でアクセスできるようになりました。

12月25日現在、ハチ高原スキー場とハイパーボウル東鉢スキー場は全面滑走可能ですが、氷ノ山国際スキー場と若杉高原おおやスキー場は一部コースのみの営業です。
今後の積雪状況により滑走可能なコースは変化しますのでご注意ください。



ハチ高原スキー場 オープン!

hachikougen

12月8日、ハチ高原スキー場がオープンしました。西日本で最も早くスキーやスノーボードを楽しむことができます。

現在は中央ゲレンデのみの営業ですが、折からの雪でゲレンデはすでに一面真っ白、良好なコンディションです。
北近畿豊岡自動車道 八鹿氷ノ山ICの開通でさらに近くなったハチ高原にぜひお越しください!

なお、市営氷ノ山国際、おおやスキー場、ハイパーボウル東鉢スキー場は12月22日オープン予定です。
(写真はハチ・ハチ北スキー場facebookページより)



北近畿豊岡自動車道 和田山八鹿道路が開通しました

北近畿豊岡自動車道開通

11月24日、待望の北近畿豊岡自動車道 和田山八鹿道路が開通しました。養父市~丹波市間の所要時間が10分短縮され、これまでより利便性が高まります。

大阪・神戸からは約100~120分で養父市に到達することができ、観光客の増加、地域経済の振興が期待されます。