CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

文化財資料

文化財資料

文化財パンフレット

平成22年から平成28年にかけて養父市教育委員会が作成した14項目の文化財パンフレットをPDF版で紹介しています。樽見の大桜(国指定)、箕谷古墳群(国指定)、名草神社(国指定)、養父神社(県登録)、八木城跡(国指定)などです。
また、養父市の養蚕と上垣守国、青谿書院と池田草庵の紹介もあります。日本遺産「播但貫く 銀の馬車道 鉱石の道」の中の資産でもある明延鉱山、中瀬鉱山などもあります。
  ⇒「パンフレット探訪、養父市の文化財と産業遺産」

養父市の先人を学ぶ

養父市教育委員会で発行した養父市の先人についての図書をPDF版でご覧いただけます。
青谿書院で儒学を教えた池田草庵、但馬を代表する日本画家の小林礫川、京都府知事を勤めた北垣国道、養蚕の上垣守国と製糸の小倉寛一郎などを紹介しています。図書による紹介であり、専門的です。
  ⇒養父市の先人を学ぶ

養父市大屋町大杉 重要伝統的建造物群保存地区 選定

平成29年7月31日、養父市大屋町大杉が重要伝統的建造物群保存地区が、文部科学大臣により選定となりました。養父市大屋町大杉地区には、三階建の養蚕住宅のある養父市を代表する素晴らしい農村景観があります。養蚕住宅を中心とした土蔵や納屋などの伝統的建造物群と谷川にそって営まれた集落環境が地域的特色をよく示しています。
  ⇒養父市大屋町大杉 重要伝統的建造物群保存地区 選定
  ⇒養父市大屋町大杉地区 パンフレット (pdfファイル 2564KB)

国指定重要文化財名草神社修理の紹介

平成27年度から重要文化財名草神社の本殿・拝殿の本格的な修理工事を実施しています。工事は平成27年度から平成32年度までの6年計画で、本殿と拝殿をジャッキアップして解体します。また基礎工事に伴って発掘調査も行いました。修理工事について紹介しています。
  ⇒重要文化財名草神社保存修理工事(平成28年度)
  ⇒名草神社 パンフレット (pdfファイル 935KB)