CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

まちの文化財(134) 徳川将軍の奥医師長島氏

まちの文化財(134) 徳川将軍の奥医師長島氏

長島的庵の文学 画像 

 長島的庵の一族の墓所

 官医長島的庵の文字

 長島的庵の一族の墓所

江戸幕府が、大名や旗本の系図をまとめた『寛政重修諸家譜』という書物があります。現在では、江戸時代の武家社会を研究するための基本文献となっています。その中に、江戸幕府の300俵10人扶持の旗本として、給料200俵を支給された長島的庵(てきあん・秀世)の記録があります。仕事は徳川将軍家の奥医師です。
的庵の祖父の長島徳元は、祐伯と瑞徳という2人の子を連れて九鹿村から江戸に出で、大名を診察する医師となりました。瑞徳は出世して江戸幕府の旗本となり、将軍の奥医師に召し抱えとなりました。徳元と祐伯は、大名酒井家の知遇を得て現在の横浜市金沢に住み、後に泥亀新田を開発しました。
瑞徳には丈庵と的庵の2人の子どもがいました。丈庵は旗本となり、的庵は父のふるさとの養父郡九鹿村で医師となりました。親戚にあたる九鹿村の医師湯浅元友の跡継ぎとして育てられ、湯浅的庵と名乗りました。
しかし貞享元年(1684)の38歳の時、江戸の旗本長島家に呼び戻され、兄の丈庵に代わって旗本を継ぐことになりました。元禄13年(1700)54歳で第5代将軍徳川綱吉に拝謁し、父の長島瑞得から家督を継ぎました。
長島瑞得は、江戸幕府の典薬頭である半井家(なからいけ)で医学を学び、延宝8年(1680)に半井家の推挙で、将軍綱吉によって旗本の奥医師に採用されました。奥医師は16名で、江戸城内で将軍等の医療を担当します。
九鹿村の龍蔵寺にある墓地には、「毅節(きせつ)先生之墓」や「叔慎嬬人之墓」などと刻んだ7基の墓石があります。そこには「孝子、官医(かんい)的庵長島氏、子文建」「宝永二、乙酉年建」の文字が刻まれています。この墓地は、長島的庵を育てた湯浅元友とその夫人など、湯浅家の一族の墓所です。
文字の意味は「湯浅毅節(元友)先生のお墓を、将軍の奥医師となった長島的庵に命じられ、息子である文(ぶん、秀明)が、宝永2年(1705)に建立した」と解釈しています。湯浅元友は医師であり、儒学者でもありました。
松尾芭蕉の門人、森川許六が編纂した『風俗文選』には、「世に薮医者と号するは、もとは名医の称にして、今いう下手の上にあらず。なにがしの良医、但馬国養父というところに隠れて治療をほどこし、死を起こし、生き回(かえ)すものすくなからず」と書いています。
現在はヘタな医者を「やぶ医者」と呼ぶが、もともと但馬養父にいる名医のことである。さらに『風俗文選』では、養父医者を語っていい加減な治療する医者が増えたことから、名医の称号が地に落ちてヘタな医者を薮医者と呼ぶのである。松尾芭蕉の門人という称号も、同じようにならなければよいが、と心配しています。
さて、それでは、但馬国養父の里で死者を蘇らせるほどの名医とはだれでしようか。『風俗文選』には名前が出てきませんる。森川許六と長島的庵は同時代の人物です。長島徳元や長島的庵は、名医やぶ医者のモデルとふさわしい人物です。
 (注)長島氏は、墓石には長島、系図には長嶋とあります。長島の文字に統一しています。
次のページ 前のページ