CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

感震ブレーカー設置に対する補助について

感震ブレーカー設置に対する補助について
地震の揺れを感知してブレーカーを落とす感震ブレーカーに対して、補助事業を行っています。
  

背景と目的

 阪神淡路大震災や東日本大震災で発生した火災の6割が電気に起因する火災と言われています。地震発生直後にストーブなどの発熱器具からの発火、停電から復旧後に通電時に破損した水槽のモーターやコード類、家電器具からの発火するのが主な原因です。
 これらが原因の火災を防止するためには、地震発生時に一定以上の揺れを感知すると自動的に通電と止める「感震ブレーカー」の設置が有効だとされています。
 市では、災害を未然に防ぐ取り組みの一つとして、感震ブレーカーの普及推進・啓発を目的に「感震ブレーカー設置推進補助金交付事業」を設けました。
 

補助対象

養父市に住所を有する住宅の世帯主・事業所の事業主 補助対象の感震ブレーカーのタイプ
 ・分電盤に内蔵又は接続し、感震センサーが揺れを感知する分電盤
 ・揺れによるおもりの落下や、感震センサーと連動したバネの作用で分電盤のスイッチを操作する簡易型
 ※コンセントタイプは対象外です
 

補助金額

補助対象経費の2分の1の額で、上限5千円 ※平成28年4月1日以降に購入、設置したものが対象です。新築住宅等も対象です。
 

申請方法

申請書兼請求書(様式第1号)に領収書の原本を添付し、防災安全課に提出してください。
 

パンフレット・要綱

感震ブレーカー広報用パンフレット(内閣府作成)
養父市感震ブレーカー設置推進補助金交付要綱 (pdfファイル 257KB)